HOME > 予想的中実績 / 会員の声 > 2020年予想的中実績

2020年 予想的中実績一覧

1月

レース名
的中馬券配当オッズ購入配分
回収率
(計3レース提供)
2020/1/11
京都4R
3連複◎-○-△1,160円(10%)
※京都4Rは、直前情報でも絶賛した3番人気◎タマモツワモノが単勝7.1倍で3馬身半差の圧勝を飾り、◎→△で馬単44.7倍◎→△→○で3連単107.2倍
116%
※京都5Rは、直前情報で「実が入ってシルエットが大きく良化し、気配・歩様にも素軽さを増して別馬のような好気配」と更に評価を上げた11番人気△ナリタアレスが3着、7番人気○アドマイヤメジャーも2着に入り、印上位4頭の○-△でワイド65.1倍。  ”根こそぎ”無印とした1番人気ヴァシリアス・3番人気ハーツクリスタル・4番人気ヒートオンビート・5番人気ストリクトコードは、4頭揃って馬券対象外に敗退。
中山1R
3連複◎-▲-△5,850円(5%)
※中山1Rは、直前情報で更に評価を上げた6番人気▲タピオカが単勝19.9倍で1着となり、3番人気で2着◎ペルシャンジュエルと◎-▲で馬連50.1倍、▲→◎で馬単118.8倍万馬券。
293%
(計3レース提供)
2020/1/12
※京都5Rは、▲→○で馬単18.2倍となるも、◎-○-▲3連複59.9倍(×10%配分)大本線は僅かクビ差の1-2-4着
(計3レース提供)
2020/1/18
京都1R
3連複◎-△-△3,080円(5%)
※京都1Rは、「後続を圧倒する可能性が高い」と評した◎ピンシャンがガラリ一変の快勝を飾り、◎→△→△で3連単108.8倍。  当初から軽視していた3番人気ダイヤモンドライフは10着敗退。
154%
※京都10R・紅梅Sで、◎-△-△3連複37.8倍は0.3秒差の1-5-7着。
(計3レース提供)
2020/1/19
※京都3Rは、6番人気◎アメージングランが2着に激走し、直前情報で「好馬体・好気配が目に付き、出来は前走以上」と更に評価を上げた△ドンマニフィコも1着となり、◎-△で馬連32.4倍。  ◎-○-△3連複71.6倍(×10%配分)は0.2秒差の1-2-5着。   当初から狙いを下げていた1番人気スマートコマンダーは8着、同じく当初から不安視していた3番人気ツインシップも4着敗退。
(計3レース提供)
2020/1/25
京都2R
馬連◎-△1,950円(10%)
※京都2Rは、3番人気◎メイショウベッピンが単勝5.3倍で快勝、直前情報で「気配・歩様とも前走時から一変しており、ここでは馬体も上位」と大きく評価を上げた4番人気△ロゼキルシュも2着となり、◎→△で馬単31.8倍。  当初から狙いを下げていた2番人気セントクリーガーは7着敗退。
195%
※小倉10R・萌黄賞は、無印にした1番人気レッドヴェイパー・2番人気フィールフォーユーが揃って着外に敗れ、ヒモ4頭の▲-△で馬連81.0倍。  ◎-▲-△3連複142.0倍は1-2-5着。
※中山4Rは、◎マックスが2着、”無印”にした3番人気メサテソーロは13着敗退。
(計3レース提供)
2020/1/26
※京都4Rは、直前情報でも絶賛した3番人気○フォーテが圧勝、6番人気▲ボルサリーノも2着に激走し、ヒモ4頭の○-▲で馬連18.4倍
※中山5Rは、「直線で馬場のいいところに持ち出せるようなら勝ち負けを演じる可能性は十二分にある」と解説していた5番人気△エレガントチャームが大外一気の1着、直前情報で「完全復調」と評して更に評価を上げた4番人気△ネオストーリーも3着。  ◎-△-△3連複27.4倍(×10%配分)は1-3-5着。
※中山9R・若竹賞は、「ハナを切る」と明言していた8番人気▲マイネルデステリョが2着に激走し、ヒモ4頭の▲-△で馬連30.8倍。  ◎-▲-△3連複62.8倍(×10%配分)は僅かクビ差の1-2-4着。  無印にしていた4番人気ペルラネーラは8着敗退。

2月 (休講日:2/29 )

(計3レース提供)
2020/2/1
※京都5Rは、直前情報で更に評価を上げた4番人気○ナリタブレードと3番人気▲ダノンカオスがワンツーを飾るなどヒモ上位4頭で1~4着を独占し、○→▲で馬単71.3倍。  当初から狙いを下げていた△パリスデージーは単勝1.7倍を裏切る3着止まり。
※小倉4Rは、”無印”にしていた1番人気ネージュダムールが4着に敗れ、5番人気○キョウワセイヴァーが5馬身差の圧勝、△ダウンタウンスピカも2着となってヒモ上位3頭の○→△で馬単70.0倍
※東京5Rは、”無印”にした1番人気タイキスウォードが4着に敗れ、ヒモ3頭の○-△でワイド7.1倍。  ◎-○-△3連複39.9倍(×15%配分)は0.4秒差の2-3-5着。
(計3レース提供)
2020/2/2
※京都5Rは、直前情報で急遽狙いを下げた6番人気◎グレースルビーが6着敗退、代わって中心視した○フリークアウトが2着に入り、○-▲で馬連5.6倍。  ”無印”にしていた3番人気ホッコーラプラスは11着に敗れ、○-▲流しで3連複78.3倍。
東京1R
3連複◎-▲-△13,130円(10%)
※東京1Rは、▲ダイチヴィットが単勝20.7倍で圧勝、直前情報で更に評価を上げた5番人気△トーセンリヤンも2着となり、▲→△→◎で3連単1310.3倍の特大馬券。  当初から不安視していた1番人気△ドロスは単勝1.9倍を裏切る5着、無印にしていた4番人気フィーバスも9着敗退。
1313%
(計3レース提供)
2020/2/8
※京都3Rは、「今の未勝利レベルなら能力的に図抜けている」「上のクラスですら即通用する潜在能力の持ち主」と評していた5番人気▲ウルトラマリンが単勝12.5倍で快勝。  過剰人気に警鐘を鳴らしていた○マックスは単勝1.7倍を裏切る2着にとどまり、▲→○で馬単25.9倍。   ”無印”にしていた4番人気コンウィは9着敗退。
東京1R
3連複◎-○-▲10,950円(10%)
※東京1Rは、直前情報で更に評価を上げた7番人気○ヨシオドライヴが2着に激走し、3連複109.5倍の万馬券が◎-○-▲大本線的中。 ○-▲で馬連67.5倍、▲→○→◎で3連単774.5倍。  当初から狙いを下げていた1番人気△スズカキングボスは4着止まり、無印にしていた4番人気ニーケスマイルも5着敗退。
1095%
※東京9R・春菜賞は、▲-△で馬連15.3倍。  ◎-▲-△3連複22.9倍は僅かクビ・クビ差の1-2-5着。  軽視した3番人気コミカライズは7着敗退。
(計3レース提供)
2020/2/9
※京都3Rは、4番人気◎マティアスが最内枠から出遅れてしまい、直線の猛追及ばず◎-△-△3連複32.3倍(×10%配分)は0.3秒差の1-2-5着。   「ゲートや気性面に元々難しさを抱えたアテにならないタイプ」と評していた▲ピンシャンは1番人気を裏切る6着敗退。
※小倉3Rは、11番人気△ジュランドが1着、9番人気▲ゼットグローリも2着となり、ヒモ上位3頭の○-▲-△で3連複618.6倍、▲-△馬連も338.6倍のダブル大万馬券。    ◎-▲-△3連複400.1倍は0.2秒差の1-2-7着。   「ニセ実力馬」と断じて”無印”とした1番人気シャイニールミナス・3番人気メイショウケイソウ・5番人気テンジュインは3頭揃って馬券外に敗退。
※東京9R・ゆりかもめ賞は、「事実上の本命馬」「社台ファーム復権への大役を担う存在」と評していた○リリーピュアハートが快勝し、○→▲で馬単11.4倍、○→▲→△で3連単30.9倍。  8番人気◎ルトロヴァイユは早仕掛けが祟って◎-○-▲大本線の3連複44.7倍(×15%配分)は0.1秒差の1-2-4着、◎-○大本線の馬連44.5倍(×10%配分)も0.1秒差の1着4着
(計3レース提供)
2020/2/15
※京都3Rは、○-▲でワイド3.4倍。
※東京1Rは、5番人気▲クロッチが2着に入り、ヒモ上位3頭▲-△で馬連10.6倍。  ◎-▲-△3連複18.4倍(×10%配分)は、0.1秒差の1-2-4着。
※東京11R・クイーンCは、◎ミヤマザクラが快勝、○マジックキャッスルも2着に入り、◎→○で馬単17.0倍。 ◎-○-▲大本線の3連複23.9倍(×20%配分)は0.3秒差の1-2-5着。   当初から狙いを下げていた1番人気ルナシオンと3番人気ホウオウピースフルは揃って着外に敗れ、◎-○流しで3連複393.6倍
(計3レース提供)
2020/2/16
※京都5Rは、4番人気◎ダイメイボーイが2着に入り、◎-△でワイド6.9倍。  当初から狙いを下げていた単勝1.9倍△フリークアウトは7着に敗れ、◎-△馬連24.6倍(×10%配分)は2着3着、◎-○-△3連複113.3倍は2-3-4着。
※東京1Rは、5番人気◎ユウチャファストが2着に一変し、◎-△で馬連22.2倍。  ◎-▲-△3連複54.4倍(×10%配分)は僅かクビ・アタマ差の1-2-5着、◎-△-△3連複241.1倍(×10%配分)万馬券も0.1秒差の1-2-8着。
※東京11R・共同通信杯は、「古馬になってから重賞戦線で主役を張れるぐらいの逸材」と評して”2頭軸”に据えた4番人気○ビターエンダーが2着惜敗を演じ、○-▲で馬連25.8倍、ヒモ3頭○-▲-△で3連複24.6倍。
(計3レース提供)
2020/2/22
京都6R
3連複◎-△-△1,170円(10%)
※京都6Rで、”無印”とした2番人気ジャスティンリーチはシンガリ負け。  ◎-△-△3連複33.6倍(×10%配分)は0.2秒差の1-3-4着。
117%
※小倉3Rで、”無印”にした3番人気サトノジヴェルニーは6着敗退。
※東京1Rは、◎クールマキシマムが1着、直前情報で更に評価を上げた○ディアコニアも2着に入り、◎→○で馬単10.3倍。  ”無印”にした3番人気トリッチトラッチは4着に敗れ、◎-○流しで3連複14.6倍。  ◎-○-△3連複30.1倍(×10%配分)は1-2-5着。
(計3レース提供)
2020/2/23
※京都6Rは、直前情報で更に評価を上げた6番人気▲フィオリキアリが単勝19.1倍で1着。  ◎-▲-△3連複292.6倍は、0.3秒差の1-4-6着。  ”無印”にしていた3番人気シャドウブロッサムは7着、当初から狙いを下げていた2番人気△フェアレストアイルも5着敗退。
※東京1Rは、○-△-△で3連複14.1倍。
※東京5Rは、印5頭が全て入着を果たし、○-△-△で3連複6.2倍。  ◎-○-△3連複26.6倍(×15%配分)は1-3-4着。  ”無印”にした4番人気グレイトホーンは6着敗退。

3月 (休講日:3/1、20 )

(計3レース提供)
2020/3/7
※阪神11R・チューリップ賞は、「自滅・取りこぼしがあっても何ら不思議なし」と評していた単勝1.4倍○レシステンシアが3着に敗れ、○-△-△で3連複7.4倍。
※中山6Rは、△ヴァンドゥメールが1着、8番人気△カップッチョは複勝7.3倍で3着激走。  ”無印”にした1番人気イッシンは4着、同じく無印の4番人気ヴァルゴスピカも5着敗退。
(計3レース提供)
2020/3/8
※阪神5Rは、8番人気▲ノーセキュリティが3着に激走し、ヒモ上位3頭の○-▲-△で3連複66.1倍。  ”無印”にしていた1番人気トーホウラデンは7着、同じく無印の2番人気ダブルアンコールも4着敗退。
※中京2Rは、直前情報でも好評価を下した7番人気▲マイネルホイッスルが2着に激走し、▲-△で馬連38.2倍。  ◎-▲-△3連複94.6倍は僅かクビ・ハナ差の1-2-5着
※中山4Rは、4番人気○ショウナンバービーが人気の一角を崩し、◎-○流しで3連複12.3倍。  当初から狙いを下げていた2番人気△ダニューブは4着止まり。
(計3レース提供)
2020/3/14
※阪神9Rは、当初から狙いを下げていた1番人気△ディアマンミノルが5着に敗れ、○-▲でワイド6.0倍。  ◎-○-▲大本線の3連複75.3倍は2-3-4着。
中京11R
3連複◎-▲-△9,460円(10%)
※中京11R・ファルコンSは、道悪の巧さとタメる作戦への転向を明言していた▲シャインガーネットが単勝10.5倍で快勝し、▲→◎で馬単43.3倍。  ”無印”にしていた3番人気アブソルティスモは11着、道悪下手を指摘して当初から狙いを下げていた2番人気ビアンフェも9着敗退。
946%
中山9R
馬連◎-▲1,240円(25%)
※中山9R・山桜賞は、”無印”にしていた1番人気フォアシュピールが4着に敗れ、◎-▲流しで3連複104.3倍。
310%
(計3レース提供)
2020/3/15
※阪神11R・フィリーズレビューは、直前情報でも「グンと良化」を伝えた12番人気△ナイントゥファイブが3着に激走、△ヤマカツマーメイドも2着に入り、両馬のワイドが24.8倍。  ”無印”とした1番人気カリオストロは4着敗退。
※中京3Rは、4番人気◎フェールアシュバルが3着、直前情報で「モノが違う」と更に評価を上げた○アーマーバローズが楽勝を飾り、◎-○でワイド3.6倍。  当初から狙いを下げていた2番人気ティラミスは7着に敗れ、◎-○流しで3連複29.1倍。  ◎-○馬連7.7倍は僅かクビ差の1着3着、◎-○-▲3連複12.3倍(×20%配分)は0.3秒差の1-3-4着。
※中京5Rは、◎→△→△で3連単13.3倍。  6番人気○デルマダイヤモンドは4角で包まれて最後方まで下げられてしまい、◎-○-△3連複17.9倍(×25%配分)は0.4秒差の1-2-5着。  ”無印”としていた4番人気テンカビトは10着敗退。
(計3レース提供)
2020/3/21
※阪神4Rは、「今の未勝利レベルでは明らかにモノが違う」と評していた◎テイエムファルコンが単勝10.3倍で快勝。  当初から狙いを下げていた1番人気△リノは3着止まり、”無印”にしていた2番人気テランガも4着に敗れ、◎流しで馬単1050.0倍。   ◎-△馬連12.3倍(×10%配分)は0.2秒差の1着3着。
※阪神5Rは、「負けようのない」と評していた◎スマートクラージュが楽勝を飾り、◎→△で馬単6.6倍。 当初6番手評価だった9番人気カレンシュトラウスが3着になり、3連複41.3倍。  狙いを下げていた2番人気△ラキは5着敗退、無印にした4番人気ノーセキュリティも4着止まり。
(計3レース提供)
2020/3/22
※阪神3Rで”無印”にした2番人気コウイチは10着敗退。
※阪神5Rは、直前情報でも好状態を伝えた3番人気○プリマヴィスタが1着となり、◎-○で馬連5.6倍。  当初から狙いを下げていた2番人気△パズルと4番人気△クレイスは揃って着外に敗れ、◎-○流しで3連複20.5倍
※中山2Rは、3番人気◎スイが圧勝を飾り、◎→▲で馬単43.9倍。  ◎-○-▲3連複7.5倍(×30%配分)は0.3秒差の1-2-4着。
(計3レース提供)
2020/3/28
※阪神9R・君子蘭賞で、◎-△-△3連複78.9倍(×10%配分)は、0.3秒差の1-2-6着。  ”無印”にしていた1番人気オーマイダーリンは5着、当初から狙いを下げていた2番人気△ゴールドティアも10着敗退。
※阪神11R・毎日杯は、ヒモ4頭で1~4着を独占し、○-△-△で3連複8.1倍。
(計3レース提供)
2020/3/29
※中京1Rは、◎トレーンベアラーが圧勝、直前情報で更に評価を上げた11番人気▲マロンジェムも3着に激走し、◎-▲でワイド29.0倍。  ◎-▲-△3連複53.9倍(×10%配分)は1-3-4着。  当初から狙いを下げていた3番人気△アスターホルンは15着敗退、ともに”無印”としていた4番人気レーニンテソーロと5番人気アスピラールも馬券圏外に敗れ、◎-▲流しで3連複341.1倍

4月

(計3レース提供)
2020/4/4
※阪神2Rで、当初から狙いを下げていた2番人気△ヌオーヴォは8着敗退。
※中山7Rは、1着~7着馬が「着差0.4秒以内」に収まる中、◎7番人気・○9番人気・▲8番人気を含む印6頭が全てこの7着以内に入線。  ”無印”にした2番人気ロードベイリーフは9着、当初から狙いを下げていた1番人気△ヴェンチュラスターも4着敗退。
(計3レース提供)
2020/4/5
※阪神2Rは、◎→△で馬単11.5倍。  ◎-△-△3連複32.0倍(×10%配分)は、0.1秒差の1-2-4着。  ”無印”にした3番人気キタサンロッキーは9着敗退。
※中山9R・山吹賞で、◎-△-△3連複27.7倍(×10%配分)は、0.2秒差の1-3-4着。
HOME > 予想的中実績 / 会員の声 > 2020年予想的中実績