最新提供予想サンプル


2018/11/10 京都11R デイリー杯2歳S 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/11/10 東京1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/11/10 福島5R 予想配信メール
現時点の注目馬(評価の高い順)
13 リュウグウヒメ
6  サンタンデール
15 スプリングハズカム
2  ヘアピンローズ
12 モンタナウインド
14 コウユーモゼ

消えた馬: 1,5,7,9,11

※ 予想印・買い目の目安は、パドックチェック後、直前情報にて提供します。イメージは、13軸の3連複。

裏開催の1200mらしい
主役不在の混戦ムードとなり、
オッズも割れに割れて
馬券的妙味たっぷりの新馬戦。

入厩当初から調教の素軽さが目立つ良血13を軸に据え、
ヒモもある程度手広く構えて、
来たるべき高配当決着に備えたい。

13は、初時計だった9/30の不良坂路で55.8秒単走馬なり、
翌週10/4もWで大外を回りながら上がり13.2秒馬なりと、
牧場での豊富な乗り込みと能力の高さをいきなり証明。
その後も、派手な時計を出すことなく丹念に乗り込む武井流の調整過程で
同厩舎の“水準時計”には十分に到達。
ルーラーシップ産駒だけに
小回り芝1200mへの対応がカギとなるが、
2歳時に1400mを連勝して
ファンタジーSでも3着を果たした、
母リヴァプールの仔。
前がかりの時計群からも気の良さと前向きさが感じられるだけに、
推定440kgの小柄な馬体が目論見通りに仕上がっているようなら、
減量騎手起用を生かした大駆けへの期待は高まるばかり。

6は、派手な時計はなくても岩戸厩舎らしく
初戦から丹念に乗り込まれている点に好感が持て、
ここまでの調教内容に重苦しさは皆無。
ローズキングダム産駒で血統的には至って地味だが、
新馬勝ちを含む短距離3勝を挙げた姉ピクニックソングがいるように
スピード色が濃い母系は魅力。
新馬戦に強い同厩舎で
推定430kgの小柄な牝馬でもあり、
単勝10倍を超える人気薄とあらば、狙わない手はない。

15は、全体的にセーブ気味の調教内容、
しかも地味な松永康厩舎だけに
この超人気薄も当然と言える存在だが、
坂路で2本続けて上がり12秒台を馬なりで並べるなど
この組み合わせなら、及第点をやれる時計群。
芝1200mで連勝を飾り、その後も堅実に走った
オモイデサクラの仔でもあり、
推定490kgの大きな馬体が出来ているようなら
穴馬として面白い存在になりうる。

2は、リーディング上位の久保田厩舎が
坂路で53秒台を連発してのデビューとあって、
人気の一角に押し出されているが、
ここ2週ともに終いの甘さは否めず。
5月のHBAトレーニングセール時においても
前向きかつピッチの利いた走りは披露していたものの、
コテコテのダート血統の割に
当時から非力さが目立っており、
あれからの急激な良化には疑問。
平坦小回りの1200m戦だけに
前向きさとスピードだけで粘り込む可能性はあるものの、
まずはパドック状態をしっかり見極めたいところ。

12は、負荷の少ないポリトラックコースで
単走調教に終始しており、
折り合いを欠いてしまうのか、終いも常にセーブ気味。
そこそこの時計は並んでいるものの、
馬場の内目を通っていることもあり
全体的に時計的な物足りなさは否めない。
それでも、スピードと前向きささえあれば
粘り込みがありうるこのコース。
推定460kgの牝馬でもあり、
パドックを見てからの取捨決定でも遅くはない。

14は、特に目立った時計はないが
入厩当初から及第点の調教が並んでおり、
短距離3勝の母譲りのスピード感は十分。
仕上がりの早いアドマイヤマックス産駒で
新馬戦だけは非常に激走事例が多い竹内厩舎にも要注意。
推定430kgの小柄な牝馬でもあり、
この人気薄なら一考する余地は大いにある。

人気の16は、ロードカナロア産駒の良血馬だが、
ビッグレッド軍団にもかかわらず
牧場で仕上げ切れなかったのか、
入厩後も毎週ビシビシ追われている調教内容が却って気掛かり。
併走新馬に3週連続で遅れるなど
並んでいる時計自体も全くもって平凡なだけに、
この過剰人気では到底手が出せない存在。
パドックでよほどの好状態にない限り
バッサリ軽視するのみ。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

13は好馬体がキッチリ仕上がり、活気溢れる気配・歩様にも好感。
6は小柄な馬体がキッチリ仕上がり、気配・歩様もピリッとして初戦向き。
15は気性の若さと緩さは否めないが、馬体だけなら上位。あとは中身がどこまで出来ているか。
2はコンパクトな馬体が仕上がっているものの、気配・歩様とも推進力に欠け、セリ当時の出来にはない。
12はまだ頼りなさがあるものの好気配・好仕上がり。初戦から力を出せる出来。
14はもう少し力強さと気合乗りが欲しいものの、馬体はキッチリ仕上がって登場。もうひと気合乗れば。
人気の16は馬体はいいがまだ緩さと硬さがあり、気配もピリッとして欲しいところ。

◎ 13
○ 6
▲ 12
△ 14
△ 2
△ 15

・買い目の目安
3連複 13流し- 6 12 14 2 15(各10%)
△ページTOPへ
2018/11/11 京都5R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/11/11 福島1R 予想配信メール
◎ 12 アンジェリーブル
○ 10 アンビル
▲ 14 アマデウス
△ 2 フレッシュスマイル

消えた馬: 1,4,6,7,11,13,15,16

・買い目の目安
3連複12流し- 10 14 2(各20%)

馬連10-12(15%)

馬単12流し→ 14(15%) 2(10%)

16頭フルゲートでオッズの方はかなり割れているものの、
強力な上位陣とその他大勢の力量差はハッキリしており、
事実上、ほぼ上記の“4頭立て”と言える組み合わせ。

ここ3走とも、合わないレース条件や状態面の問題で
本来の能力を出し切れていない◎12だが、
中4週空けて立て直されたここは適条件に戻って
人気どころに先行スピードタイプも揃い、絶好の狙い目。

1番人気に推されているジリ脚▲14の
“取りこぼし”にも期待しつつ、
更なる回収率アップを目指したい。

◎12の前走は、レース見解の中で解説した通り
戦前から状態面に不安を抱えており、
当日パドックでも、ただでさえ小柄な体を
更に8kgも減らしてギリギリの造り。
脚抜きのいい高速ダートで
先行勢が全く止まらない特殊なレースになったことも不運と言え、
1.19.7の走破時計で6着なら
体調も考慮すれば全く悲観する必要のない内容。
デビュー戦において強烈な末脚で
能力上位をまざまざと見せ付けたこの舞台は、
本馬の脚質に最もマッチした適条件であり、
強力牡馬2頭が重賞級の猛時計でぶっちぎる展開を
好位から競り負かしに行った前々走の4着も、
今日のメンバーに混じれば大威張りできる実績。
典型的な実戦タイプだけに
相変わらず目立たない調教時計自体は気にする必要がなく、
中4週空けて立て直されたこの中間は
長目を3本追えたことが、むしろ明るい材料。
下記3頭がいずれも先行タイプとあって、
末脚確実な本馬にはお誂え向きの展開となる可能性も高く、
いよいよ人気もガタ落ちとなったここは
“頭”狙いまで視野に入れたい。
まずはパドックで、馬体・気配の回復ぶりに要注目。

○10の前走は、休み明けで調教内容が全く冴えず、
パドックでもいつになくイレ込みが目立った
典型的な危ない1番人気馬だったが、
いざレースに行けば、好スタートから好位をセンス良く立ち回り、
ポテンシャルの高さを改めて実感する、0.3秒差の3着惜敗。
一叩きされたこの中間はようやく我に返ったようで、
先週坂路で52.4-13.0秒強めの好時計をマークするなど
調教内容がまさにガラリ一変。
強力メンバー相手に善戦を続けてきたデビュー2戦の内容は
裏開催未勝利レベルに混じると完全に図抜けており、
ここは人気3頭の中でも、最も力上位の存在。
ジリ脚▲14が単勝1倍台の圧倒的人気に推されているだけに、
同型の本馬にはこれを負かす立ち回りにまで期待したいところ。

▲14の前走は、一息入れて立て直されたことが奏功し
10kg増えた馬体にはいつもほどの非力さを感じさせず、
気配・歩様もピリッとして、1番人気に相応しい状態でパドックに登場。
元々が小柄で頼りない芝向きのタイプである本馬にとっては
「脚抜きのいい高速ダート」というレース条件も最高だっただけに、
好位から万全の勝ちパターンで運びながら
ロンドンテソーロに悠々と差し切られてしまった
相変わらずのジリ脚ぶりには物足りなさが否めない。
メンバーに恵まれたここも引き続き
上位争いを演じて当然の存在だが、
良のダート、この外枠から強力な同型も揃った中で
単勝1倍台の人気はあまりに行き過ぎ。
3走前の福島戦が示す通り、
その気になって勝ちに行けば
一段と末が甘くなるタイプだけに、
今回も“取りこぼし”狙いで妙味を追求したいところ。

△2は、初ダートで目論見通りの一変を果たした前々走に続き、
前走も果敢にハナを切って、スピード上位を見せ付ける3着惜敗。
小柄で単調な脚質の持ち主だけに
小回り平坦コースに戻るのは大歓迎と言え、
前走のダッシュ力を思えば、ここもハナを切って
相当な粘りを発揮するのは確実。
ただ、トレーニングセール出身の典型的な早熟タイプだけに、
中7週空けたにもかかわらず
いつになく軽めの調教内容は気になるところ。
体つきや気配を含め、まずはパドックの出来もしっかり見極めたい。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

12はいい頃に比べると歩様の伸びが物足りないが、馬体を戻してきたのは何より。落ち着き払った気配もいつも通り。
10は一叩きで落ち着きを取り戻し、馬体・気配も今度は完調。
14は気配・馬体こそ変わりなく順調だが、頼りない歩様は相変わらず。決め手不足をどう払拭するか。
2はドッシリと落ち着き払ったいつも通りの好気配で、馬体・歩様も変わりなく順調そのもの。あとは同型との兼ね合いだけ。
12・10の”頭”と14の取りこぼし狙いで妙味を追求したい。
△ページTOPへ
2018/11/11 福島10R 福島2歳S 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル