最新提供予想サンプル


2022/1/15 中京4R (ボーナスレース) 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2022/1/15 中京10R 紅梅S 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2022/1/15 中山1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2022/1/16 小倉2R (ボーナスレース) 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2022/1/16 中山6R 予想配信メール
現時点の注目馬(評価の高い順)
7  ウインエクレール
2  ホウオウノーサイド
16 バンデルオーラ
9  サトノプリエール
6  コウソクブラック
1  クイーンドライヴ
15 ベルウッドツクバ

消えた馬: 3,5,8,11,13,14

※ 予想印・買い目の目安は、パドックチェック後、直前情報にて提供します。イメージは、7軸の3連複。

兄・姉同様に重賞級の素質を秘める7が
好時計を連発してのデビューとあって中心は揺るがないものの、
他も好調教馬や良血馬が揃った割に
オッズの方が妙に偏り過ぎており、
中山マイルの16頭フルゲート戦らしく
波乱決着がもたらされる可能性は十分。

2番人気を集める奥手な大型馬6の仕上がり途上を祈りつつ
まずはパドックでヒモ穴探しに奔走したいところ。

7は、当初デビュー予定だった夏場の段階で
既に確勝級の猛時計を連発していたものの、
その後は脚部不安で一息入り
今回が改めて仕切り直しのデビュー戦。
それでも、同じく畠山吉厩舎に所属していた
兄ウインブライト・姉ウインファビラス譲りの好馬体と
バネの利いたフットワークは健在で、
12/22の再入厩後初時計から
重苦しさを一切感じさせることのないまま
今週Wでは上がり3F36.7-11.6の自動計測値以上に
豪快かつ俊敏な動きを披露。
中山マイルの初戦で求められる
前向きな気性と反応の良さがあり
推定450kgと体つきもコンパクトで仕上がり早。
持てる底力を推し量るには
格好の好メンバーも揃っただけに、
まずはパドックにどんな姿で登場してくれるかに要注目。

2は、12/19の初時計から10本もの時計を重ねて
着実に素軽さを増しており、
今週坂路で52.4-12.2秒一杯なら
地味な斎藤誠厩舎としては十分過ぎる水準。
姉ワンスインナムーンなど芝の活躍馬が並ぶ
お馴染みのスピード血脈であり、
今季新馬戦では既に9頭が馬券になっている
同厩舎の仕上げ力ともども注目のデビュー戦。
中山マイル戦で有利な内目の好枠にも恵まれただけに
あとはパドックでの好仕上がり・好気配を願うばかり。

16は、12月の再入厩直後から馬なりのまま
CWで格上古馬と併せてラスト11秒台を連発しており、
先週の栗東坂路でも53.4-12.3秒をマーク。
今季新馬戦でも現在14頭のうち6頭が馬券になる
例年通りの仕上げ力を誇示している牧浦厩舎のモノサシでは
勝ち負けまで意識できる調教内容であり、
先週中京での抽選除外を経て
更に乗り込みが進んだ経緯も含めて
初戦から大いに注目すべき存在。
社台ファーム産の良血馬で血統的にも筋が通っており、
不利な大外枠が嫌われてか
驚くほど人気が薄過ぎる今回は格好の穴馬と言える。

9は、日本への輸入・検疫直後に疲れが出やすい
米トレーニングセール出身馬とあって
10月から一旦短期放牧で立て直された事が吉と出た印象で、
再入厩後は一切の重苦しさを感じさせないまま
宗像厩舎流の馬なり調教で丹念に乗り込まれて
1/10Wでラスト11.7秒、1/13坂路でも53.9-12.2秒と
“同厩舎の新馬勝ち水準”をクリアする好時計をマーク。
今シーズンここまで24頭がデビューして
新馬戦で実に6頭が馬券絡み、11頭が入着を果たす
職人技を発揮している同厩舎。
推定450kgの仕上がり早で気のいい初戦向き牝馬でもあり
意外な人気薄ともども初戦から要注目。

6は、ノーザンF育成の良血馬らしく
入厩当初からWでラスト12秒台前後をズラリと並べており、
中舘厩舎の初戦としては十分過ぎる時計群。
今週の調教映像でも前向きかつピッチの利いた走りを披露し
前売り2番人気の評価も頷ける。
しかしながら、今シーズン新馬戦では
19頭デビューのうち3頭しか馬券に絡んでおらず
例年より叩き良化度が強まっている同厩舎の傾向には要注意。
推定490kgの大型キタサンブラック産駒でもあり、
パドックで重苦しさが感じられるようなら
中山マイルのスローペース戦に戸惑っても文句は言えない。

1は、ここまで馬なり軽め調教オンリーで
派手な時計が一本もない清水英厩舎の所属馬とあって
最低人気に近い評価で放置されているものの、
逆に重苦しさも一切なく、母系の仕上がり早を感じさせる時計群。
小柄な牝馬らしい気の良さがありそうで
最内の絶好枠にも恵まれただけに、
パドックで心身ともに出来上がっているようなら
江田照Jらしい積極策からの大駆けがあっていい。

15は、2歳新馬戦だけに滅法強い伊藤大厩舎とあって
既に“旬”は過ぎているものの、
質・量とも熱心に乗り込まれて
12/27坂路で53.4-12.5秒馬なり、
今週Wでは上がり3F37.3-11.3秒一杯と水準時計を連発。
気のいいモーリス産駒で母系もクズが出ない血統だけに
推定470kgの馬体が仕上がっているようなら出番があっていい。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

7はコンパクトかつ品のある好馬体で歩様が軽快。うるさい気性も初戦向き。レースにも平常心で臨めれば。
2はやや余裕残しながらパワフルな好馬体が目立つ存在。集中力と力強さもあり、もうひと気合乗れば更に。
16は好馬体・好仕上がりで気配・歩様も悪くない。もうひと気合乗れば十分にやれる。
9は短距離体型で仕上がり良好だが、まだ気配・歩様には良化の余地を残す。
6はパワフルな好馬体で初戦向きの活気もあるが、まだ余裕残しで歩様も硬め。付け入る隙はある。
1は何らインパクトはないものの418kgの好馬体がキッチリ仕上がって登場。しかしながら肝心の歩様・気配が冴えない。
15は本質的にダート向きながら馬体・気配は上々。いかにも初戦向き。

◎ 7
○ 2
▲ 16
△ 15
△ 6
△ 9

・買い目の目安
3連複 7流し- 2 16 15 6 9(各10%)
△ページTOPへ
2022/1/16 中山11R 京成杯 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル