最新提供予想サンプル


2022/9/24 中京5R 予想配信メール
現時点の注目馬(評価の高い順)
12 スプル
4  オオバンブルマイ
8  スマートメイプル
7  ネオアリシア
1  ナムラダリウス
13 ミッキースピナッチ
6  オルノア
14 エルディアナ

消えた馬: 2,5,9,10

※ 予想印・買い目の目安は、パドックチェック後、直前情報にて提供します。イメージは、12軸の3連複。

先日配布した「厳選馬リスト」に掲載した素質馬12が
水準以上の好調教を連発しており、
新馬戦で信頼度の高い橋口慎厩舎の手腕を考慮しても
ここは馬券の中心馬として不動の存在。

他は怪しげな人気馬と
魅力的な穴馬がこれでもかと入り乱れており、
3連複1番人気の組み合わせですらオッズ25倍超と
妙味たっぷりの大激戦。

昨日大雨に見舞われた中京競馬場は
今日から仮柵移動でBコースに替わっており、
水はけの良さを考慮しても
良馬場に匹敵する好時計決着は必至。

伏兵4・8・7・1あたりの
好仕上がり・好気配を祈りつつ、
パドックチェックから
ヒモの狙いを研ぎ澄ませていきたい。

12は、4月ブリーズアップセール時において
左飛節炎を発症しており、
当日の公開調教も「14.5-12.5秒」とセーブされたまま
お台がたった250万円にディスカウントされていた
“ワケありお値打ち品”。
それでも、父譲りの好馬体としなやかなフットワークから
素質の高さは隠しようもなく、
自らハミを取る前向きな気性も印象的。
ノースヒルズ外厩において
あれから5カ月もの養生期間を経たおかげで
馬もすっかり立ち直ったようで、
入厩当初から常に格上古馬と併せて
先着を続けている調教内容は
完全復活の証左と言える。
セリ当時に寂しかった440kgの馬体は
乗り込みを重ねながら推定450kgにまで成長しており、
体型・フットワーク・気性・血統から
今日の「芝1400m」もドンピシャの舞台。
今世代の新馬戦ではここまで6頭が「2-1-2-1-0」と
ほぼパーフェクトの戦績を誇る橋口慎厩舎。
ルメールJを配してきた割に
人気が集中していない点も有難く、
あとはパドックでの好状態さえ確かめられれば
自ずと結果は付いてくる。

4は、吉村厩舎だけに派手には攻めていないものの、
9/8には早々と坂路で52.5-12.3秒馬なりをマークするなど
推定410kgの小兵らしい
仕上がり早と完成度の高さを
存分に感じさせるここまでの調教内容。
昨年世代の新馬戦で22頭が
「2-2-4-1-2」という結果を残した同厩舎は、
今世代もここまで6頭が「0-1-1-1-0」と
例年通りの安定感を披露。
早熟でスピードの勝った父ディスクリートキャットに
祖母ルシュクル×母父ディープインパクトという配合も
この舞台では魅力的であり、
3kg減量起用と仮柵移動後の高速馬場を味方に
積極的な立ち回りで一発を狙ってもらいたいところ。

8は、外厩で十分に乗り込んでから
入厩させるスキームを常とする矢作厩舎にしては
多めの本数を乗り込まれており、
今週はジョッキー騎乗ながら坂路52.1-12.6秒強めと
同厩舎の新馬好走水準としては十分な時計をマーク。
基本的に叩き良化傾向が強い厩舎とは言え、
昨年世代の新馬戦において33頭中20頭を入着させ
今世代もここまで5頭が「2-0-1-0-1」という安定感は流石。
母アイラブリリ×父モーリスと
血統的な魅力にも溢れているだけに、
推定460kgのコンパクトボディがどれだけ出来ているか
まずはパドックチェックを楽しみにしたい。

7は、上記矢作厩舎よりも更にエグい“粉飾”が
昨今目立っている杉山晴厩舎。
本馬も終い重点の軽め調教が3本だけと
並みの厩舎ならスルーして当然の内容だが、
推定420kgの早熟ドレフォン産駒でもあり
パドックからバチバチに仕上がっている可能性は十分。
昨年世代の新馬戦において10頭を馬券に絡め、
今世代デビューした8頭からも既に新馬戦2勝を挙げている
リーディング上位の常連厩舎。
これほどまでの人気薄とあれば
積極的に狙い撃つしかない。

1は、入厩早々の8/31ポリトラックで
いきなり63.0-36.6秒の猛時計を
単走馬なりのままマークしており、
牧場での豊富な乗り込みと
シルバーステート産駒らしい早熟性を既に証明。
その後も普段あまり攻めない荒川厩舎にしては
ハードな調教内容に好感が持て、
ビシビシ追われてきたここ2週の内容が
馬自身の覚醒に直結してくるようなら
最内の好枠を生かした大駆けがあっていい。

13は、音無厩舎らしくハードに乗り込まれて
今週坂路でこそ51.0-12.8秒一杯の水準時計をマークできたものの、
映像ではフットワークの硬さと反応の悪さが目に付き、
先週芝で同僚新馬に遅れた平凡な時計からも
推定480kgの立派な体はまだまだ仕上がっていない印象。
昨年世代の新馬戦では24頭のうち馬券絡みは4頭のみ、
今世代も8頭で「2-0-1-0-1」と
定年が近づくにつれ衰えてきた厩舎力ともども
まずは疑いの眼差しを向けたいところ。

6は、先週CWで上がり3F37.7-11.7秒馬なりをマークし
古馬OPリメイクと同入。
今週Pでも5F63.0-12.1秒を馬なりで計時したものの、
9/7CWでは平凡な時計でバタバタになるなど
推定490kgの大型ゴールドシップ産駒らしい
重苦しさが否めない調教内容。
今世代の新馬戦でここまで10頭が「3-2-1-1-2」と
絶好調モードにある新谷厩舎の勢いに敬意を表して
とりあえずはヒモ候補に並べたものの、
調教内容だけを素直に評価すれば
今日の過剰人気には飛び付きづらい。

14は、ノーザンF育成の推定390kg小型牝馬とあって、
外厩で実質的な仕上げを終えて
入厩後は馬なりオンリーという判断に困る調教内容。
内目を回った先週CWで64.8-12.0と
一本だけ及第点の時計はマークしてきたものの
全体的にはひたすら地味と言わざるを得ず、
ここまでの新馬戦で5頭が
「11着→3着→8着→7着→8着」と苦しむ厩舎傾向に
不利な大外枠まで考慮すれば、
人気に見合う信頼度はない。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

12はセリ当時より馬体の迫力と素軽さを増し、集中した好気配ともども1頭抜けた存在感。
4はコンパクトな好馬体がキッチリ仕上がり、気配・歩様もピリッとしていかにも初戦向き。
8は短距離向きの好馬体が仕上がり、小足を踏んでピリピリした気性も初戦では心強い材料。
7は小柄・非力だがバランスの取れた好馬体。細身できっちり仕上がっており、ピリッとした気性にも好感。
1は気性面の幼さと緩さを残す現状だが、馬体はここでも上位。レースでも集中して走れれば。
13はガッチリした好馬体だがまだ余裕残し。この条件だけに気配・歩様にももっと素軽さが欲しい。
6は雄大な好馬体に大物感こそあるものの、まだ緩さを残して完成度は低い。せめてもう少しピリッとしてくれば。
14は小柄・非力で全く大物感こそないが、細身で好仕上がり。集中力もあり初戦なら上位争いも可能。大外枠を克服できれば。

◎ 12
○ 4
▲ 8
△ 7
△ 1
△ 14

・買い目の目安
3連複 12流し- 4 8 7 1 14(各10%)
△ページTOPへ
2022/9/24 中山2R (ボーナスレース) 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2022/9/24 中山9R カンナS 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2022/9/25 中京3R (ボーナスレース) 予想配信メール
◎ 11 ナムラデュラン
○ 12 ミカヅキ
▲ 5 クロスジー
△ 4 モズライフセーバー
△ 13 ミルトクレイモー
△ 9 クリノアグレッシブ

消えた馬: 1,2,6,8,10,14,15

・買い目の目安
3連複11流し- 12 5 4 13 9(各10%)

昨日より一段と馬場が乾いて
Bコース替わりの高速決着が連発しそうな舞台を念頭に置けば
積極的に狙いたい馬はほとんど見当たらず、
3連複1番人気のオッズが
20倍超という大混戦ムードも頷ける
かなり難解な大混戦。

パワータイプで高速馬場が懸念される△13、
前走は時計・上がりを要するタフな決着が嵌り過ぎた△9、
小柄・非力で一本調子なノーザンF馬8など
怪しい人気どころも並んでいるだけに、
前走内容に見どころがあった◎11を中心に
ヒモ穴勢の覚醒を待ちたいところ。

◎11は、ゆったりした気性で決して初戦向きではなく、
スタートで立ち遅れた瞬間に左右から挟まれ
ポツンと最後方追走を余儀なくされた
前走の展開も致し方なし。
開幕週馬場の少頭数・スローペースで
前が止まらない決着に泣かされた中、
外へ持ち出してから余力十分に4着まで伸びてきた末脚は
字面の成績以上に評価できる。
グレーターロンドン産駒らしい実の詰まった短距離体型や
デビュー前にCWでラスト11秒台を楽に連発していた脚力から
未勝利クラスを勝てるだけの能力は秘めており、
瞬発力型とあって今日の高速馬場も追い風。
ひと叩きされてノンビリ気配がピリッとしてくるようなら
ダッシュや行きっぷりも一変してくるはずで、
混戦ムードを断つ快走に期待が高まる。

○12の前走は、叩き良化傾向が強い四位厩舎らしく
心身ともに頼りないパドック状態でデビューを迎えており、
レースでも、中途半端な好位付けがかえって仇となり
馬群の大外を回らされてタメを利かせられない苦しい展開。
ラスト2Fのラップが「10.8-11.3」という
直線ヨーイドンに対応できなかった点は仕方なく、
仕上がり途上など諸々のハンデを考慮すれば
十分に及第点は与えられる5着。
活躍馬が揃う祖母スクービドゥーの血筋から
譲り受けたコンパクトな好馬体や前向きな気性から
1400mへの距離短縮は好都合であり、
非力な現状では高速馬場への舞台替わりも歓迎材料。
ひと叩きされた今回は
型通りに中身も充実してくるはずで、
「インゼルR=キーファーズ」の主戦・武豊Jに乗り替わって
新たな一面が見られるか、変わり身に要注目。

▲5の前走は、522kgのパワフルボディに太め残りが明白で
気配もノンビリして全くの良化途上でデビュー。
出負けしたり、2角で寄られる不利を受けたり
道中大きく外々を回らされた理、4角で外にモタれたりと
あまりに気の毒なレース内容だった点も見逃せず、
小回りの超スローペースで不発に終わった結果は全く度外視していい。
あのモッサリ気配ですら栗東坂路51.4-12.3秒を叩き出せる脚力や
前走で披露した前向きな行きっぷりから
叩き2走目&1400mへの距離短縮が起爆剤となって
ガラリ一変の激走を果たす可能性は十分。
中5週空けてじっくりと再調整された今回は
調教の素軽さも着実に増してきただけに、
プール併用で直前追い切りをセーブされた経緯が
パドックにどう反映されてくるかをまずは注視したい。

△4の前走は、前半6F通過1.17.4という異常なスローペースと
荒れた内ラチ沿いを避けて全馬が馬場の外に持ち出す
淀んだ流れが“紛れ”をもたらした特殊な決着。
フットワークが硬く突っ張るような走りで
フワフワと反応が悪かった本馬のようなタイプには
全く不向きな展開だっただけに、
馬群の中に潜り込む形で
行儀よく立ち回れただけでも収穫と言える。
今やリーディング上位の常連となった
清水久厩舎らしい好気配・好馬体は
今日のメンバーの中でも明らかに上位であり、
体型・走法・血統から1400mへの距離短縮も望むところ。
今週の坂路では体重が軽い見習いジョッキー騎乗とは言え
単走強めで51.9-12.4の好時計もマークしてきただけに、
望外の人気薄も含め、穴馬としては絶好の狙い目。

△13は、本命視した新馬戦から
2戦続けて人気薄を覆してきた好馬体の実力馬だが、
奥手でまだまだ緩さと重苦しさが解消しない現状では
タフな洋芝やダートコース向き。
直線の併せ馬で最後まで並走馬を抜かせなかった初戦に続き、
ハナを切って荒れた内ラチ沿いを通らされた前走も
勝ち馬に早々と突き放される厳しい展開を克服して
驚異的な粘り腰を発揮する強い内容。
スピード・先行力が生かせる
1400mへの距離短縮自体は悪くない材料だけに、
あとは不得手な高速馬場に替わって
ワンペースな脚質をいかにカバーできるかがポイント。
札幌で厳しい連戦を強いられた疲れも引きずっているはずであり、
叩き3走目で歩様・気配の重苦しさがどれだけ解消してくるか、
パドックでの変わり身にも注目したい。

△9の前走は、初戦で露呈したモッサリ気配と歩様の硬さが
パドックから随分マシになっており、
ダート向きのパワータイプである本馬にとっては
時計・上がりを要した凡戦もお誂え向き。
他馬を気にする幼さがあるだけに、
広い中京コースで後方追走から
スムーズに大外へと持ち出せた立ち回りも完璧であり、
何から何まで上手く運んだ「上がり3F最速の3着」を
今日も再現しろという方が無理と言うもの。
今週の坂路ではジョッキー騎乗ながら
53.9-12.4秒を単走馬なりと
これまでにない好時計をマークしてきたように
前走を契機に馬も一段と目覚めてきた印象だが、
Bコース替わりで前走時より一段と高速化する
今日の馬場は不利な材料。
馬群に入れない気難しさには未だ改善が見られず、
弱小メンバーに恵まれていた前走時より
相手関係自体も強化してしまっただけに、
これほどまでの過剰人気となれば
“ヒモの1頭”程度の扱いが妥当。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

11は劇的な変わり身こそないものの、モッサリ感が抜けて歩様ともども着実に良化中。もうひと気合乗れば更に。
12は前走時ほど頼りなさを感じさせず、ここでは馬体も上位。距離短縮で流れに乗れれば。
5は10kg絞れてもまだ太く映るパワフル体型。前走よりマシだが、気配・歩様にももっと素軽さが欲しい。
4は期待ほど素軽さは増してこずパワータイプの印象が拭えないものの、好馬体・好気配は前走同様。少しでも時計・上がりが掛かれば。
13は相変わらずパワフルな好馬体だが、硬さと緩さもまだ改善せず。高速馬場への対応がカギ。
9は太かった好馬体がどんどん引き締まり、気配・歩様にも素軽さを増して前走以上の出来。あとは気性の幼さと舞台替わりにどう対処するか。
11を中心に波乱決着を願いたい。
△ページTOPへ
2022/9/25 中山4R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2022/9/25 中山5R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル