最新提供予想サンプル


2023/1/28 小倉2R (ボーナスレース) 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2023/1/28 東京5R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2023/1/28 東京6R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2023/1/29 小倉5R (ボーナスレース) 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2023/1/29 中京3R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2023/1/29 東京3R 予想配信メール
◎ 16 エルダーサイン
○ 5 ペイシャアンジェロ
▲ 14 レターマイハート
△ 13 イノセンス
△ 10 リリックス
△ 6 ニシノパプルブリリ

消えた馬: 1,2,8,15

・買い目の目安
3連複16流し- 5 14 13 10 6(各10%)

この時期の牝馬限定戦にしては
かなり粒揃いのメンバー構成となり、
オッズも大きく割れて馬券的妙味は十分。

中でも、待望のダート替わりを迎えるのみならず
相手関係まで楽になった◎16は、
国枝厩舎の大型馬らしく
放牧・復帰を重ねるごとに
目覚ましい良化を遂げており、
再び2カ月半ぶりの復帰戦を迎える今回は
いよいよこれまでにない好調教まで披露。

馬券の方は、人気薄○5・▲14・△13による
変わり身狙いだけにターゲットを絞り、
最も旨味の大きい3連複で
ヒモ荒れ決着を待ち構えたい。

◎16の前走は、休養効果でパドックから集中力と力強さを増し、
線が細かった馬体にも筋肉が増して見事なパンプアップ。
パワータイプの本馬にとって
不得手な高速芝だったのみならず、
2番手から差し有利の展開に巻き込まれた上に、
4角を逆手前で回るロスまであっただけに、
最後の最後まであわやの見せ場を作れた入着劇は
大きな収穫と言える。
叩き良化傾向が強い国枝厩舎に似合う
奥手な大型ハーツクライ産駒とあって、
大事にレースを重ねながら
見る見る成長を遂げている現状は頼もしく、
再び休養を挟んだ今回は
デビュー以来最も素軽い調教内容で復帰。
持ち前のパワーとしぶとさを存分に生かせる
ダート良馬場に転じて
この時期の牝馬限定メンバーが相手となれば、
正攻法からの圧勝劇にまで期待が高まる。

○5の前走は、集中力と力強さを増して
叩き3走目にしてデビュー以来一番のパドック気配。
出遅れて流れに乗れなかった過去2戦とは打って変わって
スタートから馬群のインで流れに乗り
行きたがるほどの変わり身を見せた収穫は大きく、
直線で前が詰まって全く追えなかった不利がなければ
少なくとも3着はあった好パフォーマンス。
小柄な牝馬でも、硬い走りや血統背景から
ダート替わりは大歓迎と言え、
立ち回りがスムーズな左回り東京に戻って
2kg減量騎手起用で臨む今回は
いよいよ馬券絡みに期待が高まる。

▲14の前走は、5カ月の休養効果で
18kg増と理想的な成長を遂げ、
頼りなかった夏場の気配や歩様もグンと良化。
好スタートから好位を追走して
速いペースに巻き込まれたのみならず、
終始馬群のインで砂を被り続けて
馬が嫌がっていた点も見逃せず、
長過ぎる1800mの距離を辛抱して
入着に漕ぎ付けられた意義は大きい。
バスラットレオンの弟らしい好馬体には
まだまだ奥行きと伸びしろが感じられ、
叩き2走目を距離短縮で臨む今回は
いよいよ馬券圏内にまで突入してくる可能性が高い。

△13の前走は、スタートで寄られる不利があり、
その後も超スローペースでごちゃつき
終始フワフワと集中力を欠き続けた参考外の一戦。
実の詰まった好馬体、ピッチの利いた素軽い走りや
調教や返し馬で見せていた前向きさからも
あれが本来の実力でないことは明白であり、
ダート替わり・距離短縮・広々した東京コースと
魅力的な好材料が揃う今回は
「14着」からの大変身を果たしても何ら驚きはない。

△10の前走は、叩き良化傾向が強い蛯名正厩舎らしく
3か月の休養明けでパドックから気配・歩様がまさに一変しており、
レースでも得意のダートに替わって即座に馬券絡み。
大外枠から展開不向きだった点と
最後まで左手前のまま走り切ったロスを思えば、
内容的にも勝ち負けに等しい。
再び2カ月半のリフレッシュ期間を与えられた今回も
例によって藤澤和厩舎と瓜二つの
馬なり調教をズラリと並べてきただけに、
まずはパドックでの更なる進境を楽しみにしたい。

△6は、一連の好成績が示す通り
未勝利レベルでの力量上位が明白であり、
秋2戦の内容から東京コースへの適性も十分。
しかしながら、絶対的なスピードと瞬発力が足りず
本質的には中山のような時計・上がりを要する決着の方が合っており、
小柄・非力な馬体を酷使して
秋からずっと好調をキープしてきただけに
そろそろ連戦の疲労も気になるところ。
ここは牝馬限定戦にしては
かなりの強力メンバーが揃って
そこそこ上がりの速い決着も想定され、
高速馬場だった3走前のような不発を演じられても
決して文句は言えない。

人気11の前走は、テンのモタつきから中団に取り付き
大外を自ら早仕掛けしてクビ差惜敗に持ち込む強い内容だったが、
遅い走破時計が示す通り、かなりの弱小メンバーに恵まれていた凡戦。
のんびり気配で緩さと硬さも残っており、
今日の強力メンバーに混じると完成度不足は明白。
手前変換や器用さにも難を抱えて
今回は上がりの速い東京コースや
2F距離延長も大きなカギとなるだけに、
「前走2着」の成績に引きずられた過剰人気では
とても手を出せない。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

16はダート馬らしい力強さと風格を更に増しており、牝馬同士に混じると明らかに1枚違う存在感。
5は以前の頼りなさがすっかり解消しており、集中力と素軽さを増して前走以上の好状態。
14は特に上積みこそ感じないものの、好馬体が程よく引き締まり、気配・歩様も変わりなく順調。条件好転を生かしたい。
13は好気配・好馬体をキープしており、ここでも全く見劣らぬ風貌。ダート替わりで普通に走りさえすれば巻き返せる。
10はやや集中力に欠けるものの、好馬体と素軽い歩様には休み明けを何ら感じさせない。レースでも流れに乗れれば。
6は好馬体・好気配をキープしており、連戦を乗り越えたタフネスぶりには頭が下がる。あとは決め手不足をいかに補うか。
人気の11は好馬体だが、気配・歩様とも相変わらずピリッとせず良化はスロー。
16を中心にヒモ荒れ狙いで。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル