最新提供予想サンプル


2018/9/15 阪神1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/9/15 阪神9R 野路菊S 予想配信メール
◎ 2 カテドラル
○ 3 ヴェロックス
▲ 6 タガノジェロディ
△ 5 アーデントリー

消えた馬: 4

・買い目の目安
3連複2-3流し- 6(50%) 5(30%)

馬単2→3(10%)

馬連2流し- 6 5(各5%)

将来性に満ち溢れる◎2・○3以外、
見るべき馬は全くいない
僅か6頭立ての凡戦となったが、
”ルメール効果”によって
能力的に大きく見劣る1が
”3強”の一角に祭り上げられており、
3連複のヒモ穴狙いに妙味を感じる一戦。

前走より調教内容が物足りない○3が圧倒的1番人気なら、
素質的に全く見劣らない◎2の
逆転にも期待が高まるところ。

キャリアが豊富で
先行力としぶとさも兼ね備えた
▲6・△5の粘り込みを狙い撃ち、
割り切った少点数で
大きなリターンを目指したい。

◎2の前走は、直前情報でも絶賛したように
強力素質馬の中に混じっても
馬体・気配の良さが際立っており、
レースでも、好スタートから絶好位に潜り込んで
スローペースにピタリと折り合い、
直線では手応え通りの伸び脚を披露する完勝劇。
この母系ならではのパワーがあって
前走のような道悪馬場は得意なタイプながら、
“走るハーツクライ産駒”特有の素軽さも兼ね備え、
パンパン良馬場での新境地もこれから楽しみにしたいところ。
中間は一息入ったが
例によってノーザンファームで相当乗り込まれてきたはずで、
終いの鋭さと動きの良さは、前走以上を思わせるもの。
この先の重賞での活躍はもちろん、
クラシック本流でもかなりやれそうな成長力を感じるだけに、
まずは下記○3相手にどんな好勝負を見せてくれるかが楽しみ。

○3の前走は、本命視した見解の中で詳述した通り、
新馬戦で圧倒的な強さを誇る中内田厩舎らしく
質・量ともに十分な調教を施され、
入厩当初から“モノの違い”を印象付ける好時計を連発。
好スタートから楽に番手を追走し、
抜群だった手応えそのままに
ソラを使って遊びながら
後続を8馬身ぶっちぎったパフォーマンスは、
1.48.7、上がり34.2秒の好時計ともども
紛れもない重賞級のインパクト。
ジャスタウェイ産駒でまだまだ成長力もありそうなだけに、
注目の2戦目で上記◎2相手にどれだけやれるか、
今後への格好の物差しとなる一戦。
ただ、猛暑の中でビシビシ乗り込んで
圧勝劇を飾った疲れがまだ残っているのか、
この中間は前走より時計・動きともに地味な点は気になるところ。
まだ気性的にも集中力に欠ける現状を思えば、
衝撃的な勝ちっぷりだけで
単勝元返しに近い断然人気に祭り上げられている今回は、
“取りこぼし”に期待する値打ちは十二分にある。

▲6の前走は、いつものように好スタートを決めたが
今後を見据えてか後方馬群にポジションを下げ、
脚を溜める競馬に専念。
初めて経験する1200m戦、
しかも重賞で相手関係が大幅強化していたにもかかわらず、
4コーナーを持ったままの手応えで迎え
直線で大外からグイグイ伸びてきたパフォーマンスは、
今後のオープンでの戦いに期待を抱かせるもの。
馬体の完成度の高さと目下の出来の良さ、
そして、歴戦のキャリアと堅実さは
「1戦1勝馬」ばかりが並ぶ人気どころにはない大きな強みと言え、
持ち前の好スタートとスピードも生かせるここは
楽な単騎逃げに持ち込める可能性が濃厚。
体型的には短距離向きだが、
折り合い面に不安がなく、距離は保つタイプ。
少頭数戦特有の超スローペースも味方に
持ち味をフルに生かした粘り込みを楽しみにしたい。

△5の前走は、初経験となった揉まれる競馬にも
即適応してセンス良く立ち回り、
直線では、狭い馬群を割る勝負根性としぶとさを発揮して
地力強化と成長力を証明する、実り多き重賞入着。
元々馬体は良く、血統的に距離も延びた方がいいタイプ。
レース経験を重ねながら
パドック気配や歩様が上向いている点も見逃せず、
持ち前の先行力としぶとさも生かせるこの少頭数戦なら、
キャリアの浅い人気どころに
一泡吹かせるシーンがあっていい。

人気1の前走は、調教内容もパドック気配も地味だった本馬が
1番人気に押し出されたように、
そもそもかなり低調なメンバーが揃っていた大凡戦。
超スローペースでレースが紛れた中、
後方外目でピタリと折り合う技術と
絶妙だった仕掛けのタイミングは、
きっちり勝ち切ってしまう凄味ともども
まさに“モレイラマジック”と言う他ない。
ただ、直線では内にモタれ気味、
終始硬いフットワークで
抜け出してからは勢いも止まっており、
見た目ほどはお釣りのない辛勝劇。
4月のブリーズアップセール時から
「典型的なダート馬」という印象のまま
ここまで成長を遂げているだけに、
相手関係が大幅に強化し
阪神外回り、少頭数で究極の瞬発力まで求められる今回、
“3強”ムードの期待に応えるのは、
いかに天下のルメールJでも、あまりに困難なミッション。
前時代的なスパルタ調教で
素質の芽を自ら摘んでしまう傾向が強いマツクニ厩舎とあって、
この中間のハード調教と平凡な時計群にも疑問。
これだけのリスクを抱えながら
3連複1倍台の驚異的な一本被りとあれば、
もはや黙って無印とする以外に選択肢はない。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

2はやや余裕残しだが成長分もあり、馬体の良さは相変わらず。集中力と活気もあり「休み明け」を全く感じさせない。
3はさすがの好馬体だが、まだ歩様ともども頼りなさも残り、真の力は付き切っていない現状。前走よりかなりうるさいのも気掛かり。
6は短距離向きの造りだが、前走の好気配・好馬体をキープし、硬さも今日は気にならない。
5は前走の好馬体・好気配をキープし、距離延長も好材料。
人気の1は完成度の高い好馬体だが、硬めの歩様で素軽さ不足は相変わらず。
2を中心に6・5の一角崩し狙いで。
△ページTOPへ
2018/9/15 中山2R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/9/16 阪神1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/9/16 中山3R 予想配信メール
◎ 1 ヴィッテルスバッハ
○ 11 ウインレフィナード
▲ 12 スポーカンテソーロ
△ 10 ニシノゴウウン

消えた馬: 2,3,4,5,6,7,9,13,14,15

・買い目の目安
3連単1流し→ 11 → 12 10(各20%)
1流し→ 12 10 → 11(各20%)
1流し→ 12 10 → 12 10(各10%)

15頭立てと頭数こそ揃っているものの
全体レベルがあまりに低く、
事実上、馬券圏内を期待できるのは上記4頭のみ。

中でも、良化途上だった前走で
好センスと能力上位を見せ付けた◎1が、
持ち味の生きる中山マイル戦で
この組み合わせなら、負けられない存在。

1600mの距離と最後の一押しに不安を抱える
人気11の“取りこぼし”にも期待し、
メリハリを利かせたフォーカスで
更なる回収率アップを図りたい。

◎1の前走は、パドック気配・歩様ともに
まだまだ良化の余地を残す状態でのデビューだったが、
馬なりで素軽い時計を連発していた調教内容そのままに、
返し馬では抜群のフットワークを披露。
楽に先手を取れるスピードと
好位でスローペースに難なく折り合えるセンスの良さにも好感が持て、
直線でごちゃついて進路を切り替えるロスさえなければ、
勝ち負けまであったと思える、収穫多き0.2秒差の惜敗。
今週も馬なりで終いが鋭く伸びたように
良化途上を一叩きされた上積みはかなり大きそうで、
持ち前のスピードとセンスがフルに生かせる
中山マイルの舞台もイメージにピッタリ。
何よりもここは、前走時より相手関係が大幅に弱化。
ジリ脚・距離不安を抱える下記○11が1番人気とあれば、
本馬の“頭固定”に断然妙味。

○11の前走は、中間の短期放牧効果が絶大だったようで
これまでにない好気配と素軽い歩様が目立ち、
見るからにデビュー以来一番の状態でパドックに登場。
フットワークが硬めで切れ味不足の本馬にとっては願ってもない
ハイペースで上がりが掛かる消耗戦にまで恵まれただけに、
改めてジリ脚ぶりを証明した2着惜敗と言える。
寸の詰まった体型やピッチ走法から
1400mの距離ですらギリギリと思えただけに、
1Fの距離延長を1番人気で迎える今回は
試練の舞台と言っていい。
ただ、持ち前のスピードとセンスが生きる中山のコース形態、
微妙に渋った馬場状態は追い風となり、
これまでになく弱化した相手関係や
前走パドックでの絶好調ぶりも思えば、
引き続き馬券圏内に絡んでくるのは確実。
あとはパドックで、前走の出来を維持できているかどうかを要チェック。

▲12の前走は、まだ緩さが残る本馬にとっては
気の毒としか言いようがない雨中の滑る馬場となり、
溜めても味がないワンペースな脚質を思えば
スローペースにもかかわらず控えた鞍上の判断も致命的。
馬場にノメって本来の推進力を欠き、
追ってから左にモタれる若さも覗かせていただけに、
最後までしぶとく勝ち負けに加わったレース内容は
むしろ評価に値する。
本質的にダート向きのパワータイプではあるが、
米国産馬らしい迫力ある好馬体は
今日の弱小メンバーに混じると、図抜けた存在感。
脚質的に中山のコース形態はピッタリ合っており、
どんどん乾いて“良”に近付いている馬場状態も歓迎材料。
ハナを切って自ら速いラップを刻むような
消耗戦にさえ持ち込めれば
少なくとも馬券圏内は安泰と言える存在だけに、
前走の反省を生かして継続騎乗する鞍上の奮起に改めて期待したい。

△10の前走は、パドックで周回を重ねるごとに
テンションが上がってしまい、
レースでも終始外にモタれて
鞍上が馬を制御するだけで手一杯。
“自身との戦い”に敗れての直線大失速は致し方のない結末。
それでも、あれだけチグハグな競馬をしても
楽々2番手を追走できたスピードは、大きな武器。
中山へのコース替わり、1600mへの距離延長は大歓迎と言え、
馬体の良さからも、ここらでは明らかに素質上位の存在。
西山牧場の腕利き達が
放牧の間に悪癖を修正してきた可能性は大いにあるだけに、
あとは気性面の成長と口向きの改善を祈るのみ。

人気6は、ここまでデビュー5戦のパドック状態・レース内容から
既にすっかり底が割れており、
今日のメンバーが相手では
勝ち負けどころか、掲示板圏内すら怪しい存在。
新潟千直の特殊な競馬で、見事な立ち回りから
2着に激走した前々走のパフォーマンスも何ら評価には値せず、
1600mへの距離延長、中山替わりも懸念材料となる今回は
迷わず無印とさせていただくのみ。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

1は小足を踏んで前走とは気合乗りと活気が一変。歩様にも素軽さを増して勝ち負け必至の状態。
11は好馬体をキープしているが、今日はいつもよりかなりテンションが高いのが気掛かり。距離にも不安。
12はパワフルな好馬体が引き締まり、気配・歩様の重苦しさも解消してデビュー以来一番の出来。あとは逃げてさえくれれば。
10は好馬体が引き締まって着実に良化。相変わらずテンションが高いだけに、あとは自分との戦い。
人気の6は気配・歩様・馬体とも一連の好状態をキープしているが、上記4頭相手では根本的な見劣りが否めず。距離にも不安。
1を中心に狙いを絞りたい。
△ページTOPへ
2018/9/16 中山5R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル