最新提供予想サンプル


2017/9/16 阪神5R 予想配信メール
現時点の注目馬(評価の高い順)
6  ニシノプログレス
5  ハゼル
3  ピカバ
10 ディーズアマーレ
4  クォーターバック
2  ベルフロレゾン

消えた馬: 1,7,8,9

※ 予想印・買い目の目安は、パドックチェック後、直前情報にて提供します。イメージは、6軸の3連複・馬単。

今年の2歳戦で最も信頼度が高い西山軍団から、
またも好走必至の6がデビューを迎える注目の一戦。

超良血馬で人気を集める8は
調教過程に全く目立つところがなく、
朝から降りしきる雨も相まって、
ヒモはどの馬にもチャンスがある組み合わせ。

道悪にもめげない活気溢れる好仕上がり馬をピックアップすべく
まずはパドックチェックを楽しみにしたい。

6は、入厩当初から全く重苦しさのないまま
しっかり本数も乗り込まれており、
ここ3週ともに、評判の良血ヴィンセントを
併せ馬であおる好調教を連発。
母は新潟2歳S2着・忘れな草賞勝ちのニシノフジムスメで、
父にも仕上がり早のリーチザクラウン。
姉に新馬戦好走馬が揃っており
牧場時代から完成度の高い好馬体も目立っていただけに、
西山軍団らしい初戦からの大駆けが楽しみ。

5は、特に目立つ時計は出ていないものの
鈴木孝厩舎らしくここまで丹念に本数を乗り込まれており、
同厩舎の“激走水準”には十分に達する調整過程。
ダート志向の強い母系で
自身もガッチリした好馬体の持ち主だが、
今日のような雨降りの道悪馬場はイメージにピッタリ。
ここはメンバーにも恵まれただけに、
パドックの出来次第では
上記6との“2頭軸”も視野に入れたい。

3は、全体にセーブ気味の調教過程ではあるが、
初時計の坂路で上がり12.7秒を単走馬なり、
翌週にも併せ馬で大きく先着するなど
牧場で相当に“粉飾”を施されてきたことは明らか。
こういった手ぬるい調教過程でも
激走するケースが間々ある牧田厩舎だけに、
パドックの出来次第では面白い穴馬となりうる。

10は、特に目立つ時計はないものの、
入厩直後から坂路で55秒前後を楽々マークしており、
今回の低調なメンバー相手なら
激走があって不思議のない調教内容。
ダート志向の強い母系も
今日の雨降り道悪馬場では味方になる可能性が高く、
まずはパドックの仕上がり・気配に要注目。

4は、先日配布した「厳選馬リスト」に掲載した通り
5月のHBAトレーニングセール時から
ピリッとした気性と完成度の高さは目を引いたものの、
ここまで並んでいる時計群は
安田隆厩舎にしてはかなり地味で、
同厩舎の“凡走警戒レベル”に達する水準。
セリ当時から非力でジリっぽく、
今日のような道悪馬場も決して歓迎とは言えないタイプ。
字面の“速い時計”や厩舎名だけで
過剰人気となっている感は否めないだけに、
まずはパドックの出来を慎重にチェックしたい。

2は、3週続けてビシッと追われている割に時計が詰まらず、
通常レベルの新馬戦なら到底好勝負は見込めない水準だが、
先週CWで6F81.4秒、今週坂路で53.6秒なら、
この低調なメンバー相手に混じると及第点。
3代母メゾンブランシュから連なる
社台ブランドの良質な母系の持ち主で、
クロフネ産駒だけに今日の道悪馬場も歓迎材料。
ビシビシ追われている強みが
最後の追い比べで生きる可能性も高く、
この人気薄なら、ヒモ候補として一考する余地は十分過ぎるほど。

人気の8は、全兄にエアソミュールがいる超良血馬ではあるが、
ここまでかなり乗り込まれている割に
重苦しさとジリ脚さを印象付ける平凡な時計ばかりが並んでおり、
今週の調教映像での大トビでワンペースな走りを見ても、
忙しいこの内回り1400mの条件と
今日のような道悪馬場には大いに疑問。
元々が奥手な血統でもあり、
これだけの過剰人気なら
軽視する方向で構えておいた方が断然面白い。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

6は完成度の高い好馬体がキッチリ仕上がり、気配・歩様にも大物感十分。もうひと気合乗ればさらに。
5はガッチリした好馬体にまだ余裕が残り、体つきや歩様からも明らかにダート向きのタイプ。道悪がどこまで進むか次第。
3はやや非力だが馬体はキッチリ仕上がり、気配もまずまず。
10は細身・非力だが馬体はキッチリ仕上がり、終始小足を踏んでうるさいぐらいの気配からも初戦向き。あとは終いが保てば。
4はやや硬めの歩様だがセリ当時の非力感は解消しており、見た目の気配・馬体も今回のメンバーの中では一番。
2はやや非力ながら細いぐらいの好仕上がりで、気配・歩様もピリッとして初戦向き。
人気の8は意外に寸の詰まった好馬体で、気配・歩様もピリッとして初戦向き。あとは中身が出来ているかどうか。

◎ 6
○ 2
▲ 10
△ 3
△ 5
△ 4

・買い目の目安
3連複 6流し- 2 10 3 5 4(各10%)
△ページTOPへ
2017/9/16 中山1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2017/9/16 中山3R 予想配信メール
◎ 1 マヤノフロスティ
○ 12 ダイメイジャスミン
▲ 4 イセベル
△ 7 キャクタス
△ 14 セイウンクールガイ
△ 15 ナンヨーセゾニエ
△ 9 ディアジラソル

消えた馬: 2,3,11,13

・買い目の目安
3連複1-12流し- 4 7 14 15 9(各10%)
1流し- 4 7 14 15 9(各5%)

前走好走馬に人気の方は偏っているものの、
能力的に抜けている馬は全くおらず、
何が起こっても驚きのない波乱必至の大激戦。

この距離でハナを切れば
かなりうるさい存在となる◎1の大駆けを狙い撃ち、
さらなるヒモ荒れ決着にまで期待を掛けたい。

◎1の前走は、持ち前のガッチリ体型・硬いフットワークから
注目の初ダート戦ではあったが、
気が良過ぎる現状だけに
再度の1800mの距離はあまりに気の毒。
自らハナを切ったことも却って仇となり、
後続馬早仕掛けのハイペース消耗戦に巻き込まれ、
大失速を余儀なくされたのも仕方ない。
それでも、芝短距離で4勝を挙げた母の仔らしい
好馬体・スピードとピッチの利いたパワフルな脚捌きは魅力で、
オープン級の好メンバー相手に
見せ場を作った初戦の内容からも、
待望の1200mへの距離短縮、タフな中山の芝なら
“見せ場以上”を作れる力量の持ち主。
一本調子で大敗とも隣り合わせの現状ではあるが、
木幡巧Jらしい思い切った逃げが嵌れば、
この程度のメンバー相手なら
馬券圏内への粘り込みがあっていい。

○12は、先団直後の絶好位に潜り込んで
ピタリと折り合える抜群のレースセンスと
馬群を躊躇なく割ってくる勝負根性を生かして
ここまで大崩れない成績を並べてきたが、
400kgにも満たない非力なタイプとあって、
中山替わりでタフな坂が待ち受ける今回が試金石。
小柄な割にピリッと切れる脚がなく
時計・上がりの速い決着にも不安を抱えるだけに、
近走戦績だけで過度に人気を集めているここは
いかに相手が弱くなったとは言え、
これ以上の評価は出来ない。
これまでにない調教の素軽さが
当日の出来にどう反映されてくるか、
まずはパドックに要注目。

▲4は、体型・走法・血統から
マイルの距離はあまりに長過ぎただけに
ここ2走の失速は致し方のないところだが、
一叩きされた前走ではグンと前向きさと素軽さを増し、
初戦で見せたようなモタれる悪癖も改善してきたのは収穫。
この程度のメンバー相手なら
十分に通用する素質を秘めており、
待望の距離短縮にも恵まれるここは
ヒモ穴として大いに注目すべき存在。

△7の前走は、先行した強豪2頭の
引き立て役に甘んじた格好となったが、
好スタートから無理に先団に取り付き
終始タメの利かない形でも
大崩れしなかったしぶとさはいかにも今の中山向き。
リーチザクラウン産駒らしい完成度の高さとスピードがあり、
一叩きされたこの中間は
坂路でも51.5秒と自己ベストを大きく更新。
相手なりに崩れにくいタイプとあって
低レベルの乱戦も望むところで、
減量騎手起用を生かした思い切った立ち回りに期待したい。

△14の前走は、パドックから出来の良さが目立ち、
初戦で見せた抜群のスピードからも納得の1番人気だったが、
いざレースで初めて他馬と並走する形になると、
テンから怯んで頭を上げて
自らブレーキを掛けてしまい、
終始内にモタれ気味で
最後までレースにならないまま不完全燃焼。
本命視した初戦時に解説した通り、
この程度の組み合わせなら
楽勝まで見込める能力は秘めているだけに、
ここも気性難をどうカバーできるかが唯一最大の課題。
大敗直後で人気の重圧から解放されたことは有難く、
思い切った競馬での新味に期待したい。

△15の前走は、調教過程から何ら目立つところがなく、
パドック気配もピリッとしなかったが、
低レベルなメンバー構成と上がりの掛かる展開に恵まれての好走。
ただ、小柄・非力な芝向きの実戦タイプとは言え、
テンから終始追っ付け通しだったあの行きっぷりは、
時計・上がりの速い今の中山1200m戦では致命的。
前走は、直線でインがぽっかりガラ空きとなる幸運にも恵まれただけに、
「上がり最速で4着」という字面の戦績が独り歩きして
すっかり過剰人気となっているここは、
パドックの良化度次第で軽視することも視野に入れておきたい。

△9の前走は、実質的に“4頭立て”の低調なメンバー構成で、
時計・上がりの掛かるお誂え向きの展開にも恵まれたが、
いざ追い出してからのフットワークが硬くて全く伸びがなく、
終わってみれば、勝ち馬から1.1秒差もの惨敗。
この中間は攻めを強化してきただけに
まずはパドックでの変わり身を見極めたいところだが、
脚質から、中山の高速野芝への不安は大きく、
前走時の恵まれた相手関係を思えば、
ここも掲示板の端っこにでも載れれば
御の字と言ったところ。
“前走3着”の看板だけで過剰人気となっているだけに、
パドックの変わり身次第では軽視することも考慮したい。

人気6の前走は、まるでダート戦のような平凡な走破時計が示す通り、
勝ち馬以外、狙うに値する馬が皆無だった大凡戦。
フットワークが硬く、典型的なダート馬である本馬が、
直線で首尾よく併せ馬となり、
最後までビシビシと追われて
惰性だけで粘り込めたのも頷ける。
トレーニングセール出身馬で
当時から既に完成度が高かっただけに、
さらなる成長・上積みを求めるのは酷と言うもので、
この中間も、とても森厩舎とは思えない
“平凡”な調教時計に終始。
時計・上がりが速くなる中山へのコース替わりも全く歓迎ではなく、
戸崎Jへの乗り替わりと“前走2着”だけで
とてつもない過剰人気に祭り上げられているここは
馬群に沈むシーンに期待する方が断然面白い。

人気10の前走は、モッサリ気配でフットワークが硬い上に、
小柄・非力で頼りなさも解消しない現状だけに、
先行して絶好の展開に恵まれながら
ともに“5着”という着順以上に見せ場のない
ジリ脚・完敗劇も当然。
時計・上がりが速くなる上に
直線で急坂まで待ち受ける中山へのコース替わりは
全くもって歓迎ではなく、
たとえこのメンバー相手にハナを切ったとしても、
強力な同型達に競り潰されるのは自明の理。
減量・横山武J騎乗というだけで
理解し難い過剰人気となっているここは
迷わず無印として喧嘩を売るのみ。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

1は太かった馬体が徐々に絞れてきており、気配もピリッとして着実に良化中。パワータイプだが、あとは自ら上がりが掛かる消耗戦に持ち込めれ
ば。
12は非力で相変わらず歩様が頼りなく、馬体もさらに減らしてギリギリの造り。中山の坂克服が最大の課題。
4は気配・歩様ともに思ったほどピリッとしなかったが、ここでは馬体上位。あとは距離短縮と相手弱化に活路を見出したい。
7は非力だが馬体はここでも負けておらず、気配・歩様も着実に良化中。
14は小足を踏んでいつも以上にテンションが高く、歩様も硬め。返し馬まで要注意。
15は相変わらず非力だが、気配・歩様とも素軽さを増して出来はグンと良化。展開が嵌れば。
9は気配・歩様ともまだ頼りないが、前走よりはピリッとして良化中。
人気の6はコロンとした体型に硬めの歩様でダート向きは明らかだが、気配自体はピリッとして前走より上向き。決め手不足をどう補うか。
人気の10は前走より馬体が寂しく映り、気配・歩様も頼りなく大きな上積みは窺えない。
非常に難解だが波乱含み。1・4・7あたりの一発に期待。
△ページTOPへ
2017/9/17 阪神5R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2017/9/17 中山2R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2017/9/17 中山3R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル