最新提供予想サンプル


2018/6/23 阪神1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/6/23 阪神5R 予想配信メール
現時点の注目馬(評価の高い順)
1 セプタリアン
6 アロゴ
4 ハクサンウェーブ
5 ジャカランダシティ
9 エイティーンガール

消えた馬: 7,8

※ 予想印・買い目の目安は、パドックチェック後、直前情報にて提供します。イメージは、1軸の馬連・3連複。

人気を分け合う1・3だが、
姉譲りの前向きさとスピード・パワーを
今週の調教で証明した1に対し、
安田隆厩舎にしては調教内容がピリッとしない
ハーツクライ産駒3の方は
とても1200mで初戦から動けそうにない存在。

全体的に好調教馬が多く、
波乱含みの大混戦。

6・4・5・9からパドック状態のいい馬を見つけ出し、
狙いを研ぎ澄ませて回収率アップを図りたい。

1は、ゲート試験合格後に短期放牧を挟んだが
6/3の帰厩後初時計から馬なりで素軽い調教を並べており、
初めて強めに追われた先週CWでは
5F65.8-37.6-12.2秒強めと水準時計を楽にマーク。
重の坂路で53.6-12.4秒馬なりが出た今週にしても
掛かるほどの行きっぷりで引っ張り切りのまま
併走古馬を突き放しており、
ピッチの利いた走りともども
如何にも初戦向きの短距離タイプ。
父がキングヘイローに代わったことで
半姉テトラドラクマよりもグンとスピード色が増した印象で、
あとは、新馬戦に強い池添学厩舎らしく
推定490kgの大きな馬体がきっちり出来ていることを確かめるのみ。

6は、入厩当初からCWで上がり12秒台を楽に並べて
牧場での豊富な乗り込みと能力の高さを印象付け、
初めてビシッと追われた先週CWでは
ジョッキー騎乗ながら64.7-37.5-12.3秒の猛時計をマーク。
オーソドックスな仕上げパターンで臨んでくる
新規開業・武幸厩舎でもあり、
ここまでの時計群は素直に信頼してOK。
父ハーツクライ同様、本質的には奥手な印象が強い
ジャスタウェイ産駒ではあるが、
本馬と同じように短距離母系に配合されたアウィルアウェイが
この時期の1200mでいきなり
衝撃的な勝ちっぷりを収めているのは心強い材料。
推定450kgの小柄な牝馬でもあり
まずはパドックチェックを楽しみにしたい。

4は入厩後、坂路で時計4本のみでのデビューとなったが、
不良馬場だった6/7に単走で
上がり3F39.2-12.8秒一杯をマークしたのに続き、
先週坂路でも単走ながら52.3-37.8-12.6秒強めの水準時計をマークし、
いきなりから馬券圏内を十分に見込めるレベル。
派手な調教時計の割に
実戦ではあまり走らない傾向にある飯田雄厩舎ながら、
ビシビシ追われてきた強みを生かした
意外なしぶとさ発揮は伝統芸。
仕上がり早のプリサイスエンド産駒、
単勝20倍を超える人気薄でもあり、
まずはパドックの出来を見てみたい。

5は、上がり重点の馬なりでたっぷりと本数を重ねる
牧浦厩舎らしい調教パターンで
ここまで重苦しい時計も全くなく、
先週坂路で単走馬なりながら53.6-12.3秒なら
同厩舎の新馬勝ち水準には十二分に到達。
5月の遅生まれではあるが
仕上がり早で気のいいヨハネスブルグ産駒、
ノーザンファームでの育成にも期待できるだけに、
パドックの出来次第では評価を上げることも考慮したい。

9は、1週前・2週前の調教を手控えたこれまでの過程に
何らかの不安が生じた疑念は大きいものの、
ブリーズアップセール時の前向きかつ軽快な走り、
ヨハネスブルグ産駒らしい完成度の高い好馬体は、
いきなりから勝ち負けを見込めるハイレベル。
430kgに満たない仕上がり早の牝馬、
5/31CWでは5F65.3-11.9秒馬なりの猛時計も出ているだけに、
人気的妙味含め、要注目の存在。

人気の3は、短距離戦線で2歳戦から大活躍し
古馬になってもオープン勝ちを収めたレディルージュの仔で、
早くからPOG本などでも取り上げられていた評判馬。
しかしながら、派手な調教を常とする安田隆厩舎にしては、
初めてビシッと追われた6/6坂路で
55.3-13.2一杯と平凡な時計しか出せなかったのは気掛かりで、
CWで上がり11秒台を並べてきたここ2週の追い切りにしても
この厩舎の特性、ジョッキー騎乗で一杯に追ったことを思えば、
もう少し動いて欲しかったところ。
ハーツクライ産駒だけに
この時期の1200m向きの完成度とスピードがあるとも思えず、
ジリっぽかった今週の映像を見ても
決して人気ほどの信頼度はない本馬。
パドックでよほど出来を良く見せない限り
今回は逆らう方に妙味。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

1はまだ緩さはあるがパワフルな短距離向きの好馬体とピリッとした好気配が一際目立ち、ここでは1枚抜けた印象。
6はコロンとした短距離向きの馬体で、仕上がり・気配もまずます。もうひと気合乗れば面白い。
4は大物感はないが仕上がりは良く、気配もまずまず。
5は好馬体・好仕上がりで気配・歩様も素軽く初戦向き。評価を上げたい。
9は細いぐらいの好仕上がりで、気配・馬体もセリ当時の好状態をキープ。
人気の3はまだ非力だが好馬体がキッチリ仕上がり、うるさいぐらいの気合乗りも初戦向き。あとはスムーズに追走できるかどうか。

◎ 1
○ 5
▲ 6
△ 4
△ 9

・買い目の目安
3連複 1流し- 5 6 4 9(各10%)
馬連 1流し- 5 6 4 9(各10%)
△ページTOPへ
2018/6/23 函館5R 予想配信メール
現時点の注目馬(評価の高い順)
6 ドゥシャンパーニュ
9 トーセンオパール
1 ウインアイルビータ
3 プリマヴォルタ

消えた馬: 2,5,8,10

※ 予想印・買い目の目安は、パドックチェック後、直前情報にて提供します。イメージは、6軸の馬連・3連複。

調教の素軽さが目立つ良血6は
馬券の中心として不動の存在ながら、
この時期の牝馬限定らしく仕上がりの早そうな馬が目に付き
他はオッズも割れて大混戦ムード。

時計・動きとも1200m初戦向きの素軽さに欠ける人気7を軽視し、
今週好調教だった9・1・3の大駆け狙いで
ハイリターンを目論みたいところ。

6は、栗東入厩直後の5月から
坂路・CWで馬なりのままラスト12秒台を連発しており、
ロードカナロア産駒らしい素質の高さと仕上りの早さを証明。
函館に移動してから公開されている6/7と6/20の調教映像を見ても
キビキビと軽快なフットワークとセンスの良さには好感が持て、
推定410kgの小柄な牝馬らしく
初戦から能力を全開できそうなタイプ。
今春開業したばかりの安田翔厩舎だが、
派手な調教が多かった古巣・安田隆厩舎のスタイルに
終い重点を丹念に乗り込む“今風”のテイストを加えたことが結実して
早くも勝ち星増産態勢に入っている点には要注目。
あとは目論見通りの好状態でパドックに登場してくれば
自ずと結果は付いてくる。

9は、初時計となった6/6函館Wで
いきなり上がり13.3秒馬なりをマークして
牧場での豊富な乗り込みと
小柄なスウェプト牝馬らしい仕上がり早を証明。
その後3本の追い切りも軽めに止められているが
重苦しさを感じさせる時計はここまで一本もなく、
公開されている今週の芝調教では
軽快なフットワークと機動力の高さを見せ、
並走した下記3をいつでも突き放せそうな楽な手応えでゴールへ。
昨年同時期もトーセンクロノスが新馬戦激走を果たしたように、
同軍団をはじめ外厩とスムーズに連携することで
人気以上の好結果を残すケースが多い小笠厩舎。
単勝20倍近い人気薄で放置されていることもあり、
このレースの波乱決着へのカギを握る存在となる。

1は、5月末の美浦入厩直後こそ
バタバタの調教が続いたが、
函館移動後に松岡Jが乗ってから
劇的に素軽さを増したここ2週の調教を見れば、
当初動けなかったのは、精神面の問題だった印象。
前向きかつピッチの利いた走りで
馬なりのままグングン加速した今週の調教は
昨年函館で大活躍した全姉ウインジェルベーラの再来を思わせるもの。
ビッグレッド軍団らしい完成度の高い馬体も魅力で、
あとはパドック気配がピリッとして前向きささえあれば、
最内の絶好枠を生かした粘り込みが現実味を帯びてくる。

3は、父・母の血統背景や映像での硬めの走りから
本質的にダート向きの感は否めないものの、
2歳戦に強い矢野英厩舎らしく
美浦入厩時から速い時計でビシビシと乗り込まれており、
単純な調教内容の比較だけなら
今日のメンバーの中でもトップクラスの存在。
芝コースで上記9に内から食い下がった
今週の調教でのセンスの良さとしぶとさも実戦向き。
推定430kgの小柄な牝馬でもあり、
豊富な乗り込み量を生かした大駆けを楽しみにしたい。

人気の7は、叩き良化傾向が強い平田厩舎であるにしても
質・量とも物足りない追い切りに終始しており
ここ2週の調教映像での大きなフットワーク、
ややワンペースな走りを見れば、
母や兄同様、本質的にはもっと距離が欲しいタイプ。
ゆったりした行きっぷりから
小回りの初戦向きとも到底思えず、
牧場・馬主のブランド先行でこれほどまでの過剰人気なら
今日は軽視する方向で構えておいた方が断然面白い。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

6は好馬体・好仕上がり・好気配が目立ち、素軽い歩様も初戦向き。
9は非力だが父らしいコンパクトな馬体がきっちり仕上がっての出走。気配も悪くない。
1は実の詰まった完成度の高い好馬体と力強い歩様が一際目立ち、姉以上の存在感。あとは実戦で前向きにさえ走れれば。
3は硬めの歩様で大物感は全くないが、仕上がりは良好。気配も悪くない。
人気の7はのんびり気配でまだ馬が目覚めておらず、歩様にも推進力に欠ける現状。追走に不安。
人気の4は調教内容から芝短距離向きの素軽さが窺えず、気配・歩様ももう少しピリッとして欲しいところ。

◎ 6
○ 1
▲ 9
△ 3

・買い目の目安
3連複 1-6流し- 9 3(各25%)
3-6-9(10%)

馬連 6流し- 1 9(各20%)
△ページTOPへ
2018/6/24 東京5R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2018/6/24 函館5R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル