最新提供予想サンプル


2017/4/15 阪神1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2017/4/15 阪神4R 予想配信メール
◎ 8 ゼニステレスコープ
○ 16 ジェニアル
▲ 1 レンジャックマン
△ 15 エイシンクリック
△ 3 ショウナンサニー
△ 5 アンフェインド

消えた馬: 6,9,10,13,14,17,18

・買い目の目安
3連複8流し- 16 1 15 3 5(各10%)

まだまだ変わり身の見込める好メンバーが揃い、
オッズも大きく割れて、馬券的妙味を感じる一戦。

開催最終週の荒れ馬場、距離延長と好材料が揃い、
ここは先行の利も大いに見込める◎8が、
前3走よりメンバーもグンと楽になって、絶好の狙い目。

人気薄▲1・△15・△3の一角崩しに期待し、
より破壊力の大きい3連複に絞って攻めたいところ。

◎8の前走は、自らハナを切って淀みのないラップを刻み、
本質的に忙し過ぎるマイルの距離、
不得手な高速馬場も克服して、
成長力と地力強化をまざまざと見せ付ける3着粘り込み。
欧州血統特有の重苦しさとジリっぽさをカバーすべく、
その後は早くから、「阪神開催最終週の荒れ馬場」となるここを目標に
ジックリ乗り込まれてきたフシがあり、
中間は2週に渡って、これまでにない鋭い上がりを馬なりで連発。
これまで戦ってきた冬場の強力メンバーを思えば
ここは相手関係もグンと弱化しており、
同型不在で楽に先行できそうな組み合わせ、
しぶとさが生きる1800mへの距離延長も大歓迎。
超良血○16や2の存在によって
思わぬ“人気薄”で出走が叶ったのも何よりで、
あとは迷わずハナさえ切れば、自ずと結果は出る。

○16の前走は、経験馬相手のデビュー戦ながら
驚きの1番人気に推されたように、
セレクトセール超高額馬らしい好馬体と
大物感ある雰囲気は一目瞭然。
本質的には明らかに長過ぎた2200mの距離で
テンからかなり折り合いに苦労していたことを思えば、
直線でもインからしぶとく食い下がり
なんとか掲示板を確保できた収穫は非常に大きい。
ここは1800mへと待望の距離短縮、
叩き2走目で状態の上積みも大きく見込めるだけに
改めて注目の一戦となるが、
とてつもなくメンバーが弱かった前走時から
相手関係が大幅に強化した点は見逃せないところ。
まだまだ非力で頼りなく完成途上の現状とあって
阪神最終週の荒れ馬場が悪い方に転がる可能性も大いにあり、
まずはパドックでの上積みと気性面の変化を慎重に見極めたい。

▲1の前走は、経験馬相手のデビュー戦という不利な立場だった上に、
馬自身もモッサリして全く目覚めておらず、
馬券対象としては到底狙い得なかった一戦。
出遅れて後方から前残りの展開に嵌り、
本馬には忙し過ぎるマイルの距離だったことも思えば、
上がり最速をマークして大外から7着まで差を詰めてきた
絶対能力の高さは見逃せない。
今の未勝利レベルに混じれば馬体の良さは一際目立ち、
ルーラーシップ産駒らしい大トビでパワフルなフットワークから
阪神最終週の荒れ馬場、外回りと1F距離延長も望むところ。
チップ入れ替えと道悪によって
異常にタフなコンディションだった今週の栗東坂路で
古馬準オープンと併せて上がり3F41.0-13.4強めなら、
仕上がり途上を一叩きされた上積みも明らか。
素質上位にもかかわらず
まだまだ人気の盲点となっているのはありがたい限りで、
まずはパドックでの上積みを楽しみにしたい。

△15の前走も、同じく経験馬相手のデビュー戦だったが、
前記○16・▲1以上にモッサリ気配・太め残りが目立ち、
とても初戦からは走れそうにない出来。
あいにく超スローペースで後方から展開も全く不向きだった中、
大外から軽く気合を付けた程度でしっかり伸びてきた
パワフルなフットワークは印象的。
兄姉に重賞活躍馬がズラリ並ぶ超良血とあって
馬体の良さは今回のメンバーに混じっても一際目立ち、
1F距離延長、開催最終の荒れ馬場も大歓迎。
一叩きされたこの中間は調教の素軽さもグンと増してきただけに、
これで太めが絞れて気配がピリッとしてくれば
ガラリ一変の激走があっても何ら驚きはない。

△3の前走は、前々走に続き不得手なスローペースとなってしまい、
出遅れて後方から不向きな展開。
フレグモーネの休養明けでやや太め残り、
フットワークにも本来の伸びやかさがなかっただけに、
鞍上が早々と諦めて、直線で流していたのも仕方ない。
中途半端な位置取りからなし崩しに脚を使わされた前々走と同様、
参考外の一戦と言っていい。
それでも、500万下レベルの強豪相手に
凄まじい末脚を披露し続けた秋一連の実績や馬体の良さを思えば、
未だにここらをウロウロしているのが不思議なほどの好素材。
1800mへの距離延長は決して歓迎ではないものの、
内目の絶好枠から馬群に潜り込んで
ジックリ折り合いに専念するには、もってこいの鞍上。
ここ2戦の敗戦だけですっかり人気の盲点となっているだけに、
ヒモ穴としてしっかりマークしておきたい。

△5の前走は、一息入れたことで
課題だった馬体の緩さにようやく改善の兆しが見え、
レースでも、内にモタれ気味ながら
手応え以上にしぶとい伸び脚を披露し、殊勲の掲示板確保。
この中間は、タフな今の坂路を物ともせず
前走時以上に優秀な時計をマークしており、
不器用さを補える最終週の荒れ馬場も歓迎材料。
あとはパドックで、気配・歩様のさらなる良化が確かめられれば、
いよいよ馬券圏内に突っ込んでくるシーンがあっていい。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

8は好馬体が細いぐらいに仕上がり、気配・歩様も休養前以上に良く見せる。あとは先行するのみ。
16は好馬体がギリギリに研ぎ澄まされ、気配・歩様にも素軽さを増して、見た目の出来自体は前走以上。
1はまだまだ緩さが残って気配もピリッとし切れないが、それでも前走時よりはマシ。馬体上位は明らかなだけに、前進に期待したい。
15は10kg絞れてもまだ太い体つき。モッサリ気配も相変わらずだが、前走時より心身ともに着実に良化は窺え、返し馬にも要注目。
3は小足を踏んでうるさい気性は相変わらずだが、ここでは明らかに馬体上位。内枠を生かして距離を上手くごまかせれば。
5は相変わらず非力だが、気配・歩様ともピリッとして前走以上の出来。あとは上がりが掛かれば。
8を中心にヒモ荒れ決着に期待。
△ページTOPへ
2017/4/15 福島5R 予想配信メール
◎ 4 ワンオブクインズ
○ 12 クインズアイザ
▲ 2 イロハ
△ 7 ソルティピース
△ 8 アプト
△ 11 ミュルミューレ

消えた馬: 3,5,10,14,15

・買い目の目安
3連複4流し- 12 2 7 8 11(各10%)

この時期の裏開催らしい怪しげなメンバーが揃った上に、
出走16頭のうち実に15頭が「2カ月以上の休み明け」とあって、
何が起こっても不思議のない、波乱含みの一戦。

待望の距離短縮だった前走で、休み明けを物ともせず
強力メンバー相手に大きな見せ場を作った◎4が、
さらなる距離短縮、小回り替わりで
ここは相手関係にも恵まれ、軸馬としては打ってつけの存在。

不器用・ジリ脚にもかかわらず
血統・未知の魅力だけで過剰人気となっている16をバッサリ軽視し、
さらなるヒモ荒れ決着にまで期待を掛けたい。

◎4の前走は休養前と同様、好気配・好馬体が目に付き、
レースでも、好スタートを決め、果敢な先行策。
4F通過46.6秒のハイペースを克服し、
関西の超強力メンバーを相手に4着に粘り込んだパフォーマンスは、
決してフロックでは為しえない強い内容。
抜群のスタートダッシュを誇り、とにかく気がいいだけに、
1200mへのさらなる距離短縮と
平坦小回り福島へのコース替わりは、大歓迎材料。
ここは強力な同型も不在で、楽に単騎逃げが見込めるメンバー構成。
馬体・素質とも明らかに上位にもかかわらず、
超地味な血統・厩舎名だけでまたまたバカにされているここは、
黙って馬券の中心に据える以外に選択肢はない。

○12の前走は、馬体こそそれほど成長はなかったが、
休養を経て以前の非力さが着実に解消し、
ピリッとしたパドック気配もこれまでにないもの。
一瞬のロスが命取りとなる小回り1200m戦だっただけに、
3角で前が詰まってブレーキを踏んだ痛恨のロスは
気の毒としか言いようがない。
それでも、出遅れながら
アエロリット・ダイイチターミナルの6着まで追い込んできた初戦の内容、
新潟千直のレコード決着であわや3着まで伸びてきた2戦目、
不得手な道悪馬場を克服して
ショウナンアエラから0.7秒差に踏ん張った前々走の内容から、
今の裏開催の未勝利レベルに混じると、
素質では明らかに1枚上の存在。
和田郎厩舎独特の掴みどころがない調教過程と近走の崩れだけで嫌われ、
単勝40倍近い人気薄で放置されているだけに、
木幡巧Jらしい思い切った騎乗で
激走を果たすシーンが楽しみ。

▲2の前走は、非力さに起因するテンのモタつきが
これまでよりもマシになり、
直線でも、大外から最後までしぶとく脚を伸ばし、
インを通る先行勢有利の開幕週馬場だった中、
勝ち馬からわずか0.4秒差と、メドの立つ内容。
2カ月とたっぷりレース間隔を空けて
再度成長を促されたこの中間は、
今週のタフな栗東坂路で「1F13.3秒馬なり」と
驚異的な上がりをマークするなど
デビュー以来一番の素軽さを見せており、
引き続き、非力さを補える平坦コースのパンパン馬場なら
さらなる前進は確実。
本質的に1200mの距離は忙し過ぎるだけに、
あとはこの内枠から馬群をどう捌くかが、最大のカギ。

△7の前走は、相変わらずの折り合い難と硬いフットワークを露呈し、
「勝ち馬から着差0.4秒」という数字ほどの見せ場はなかったものの、
小柄で非力だった馬体には着実に成長が窺え、
既に芝1200mで2着が2度ある実績上位を改めて証明。
これまでより相手関係が楽になったここなら、
立ち回り次第で馬券圏内に突っ込んでくる可能性は大いにあり、
まずはパドックでの落ち着きぶりに要注目。

△8の前走は、初ダートながら“未知の魅力“で3番人気に推されたものの、
パドックから相変わらず非力だった上に、
集中力と覇気にも欠け、肝心の出来がイマイチ。
絶好位のインに潜り込んで全くロスのない競馬が叶いながら、
直線でズルズル下がる一方で、大敗を喫したのも仕方ない。
10月の新潟1400mでディアドラの2着をした実績や好馬体から
ここでの素質上位は明らかだが、
気配・レースぶりともに冴えないここ2戦の内容を思えば
今日の人気は、あまりに過大評価。
何はともあれ、まずは一息入れての復調具合を
パドックで慎重に見極めたい。

△11の前走は、小柄・非力な芝向きのタイプだけに、
ともにダートでパワー不足を露呈した
ここ2走の大敗は致し方のないところ。
先行して強敵相手に見せ場を作ったデビュー2戦の内容から、
得意の芝なら、今の未勝利レベルで馬券圏内に食い込む力は十分。
一息入れて立て直されたこの中間は
調教段階からこれまでにない好時計を連発しているだけに、
これが気配・馬体の成長につながってくるかどうか、
まずはパドックチェックを楽しみにしたい。

人気16の前走は、良血らしい好馬体こそ
パドックから目立っていたものの、
まだまだ馬体の緩さと歩様の頼りなさは明らかで、
レースでも、好スタートから外目をスムーズに先行しながら、
いざ追われてからは全く反応できず大敗。
ヴィクトワールピサ産駒らしく
大トビで器用さ・瞬発力に欠けるだけに
芝1200mへの適性には大いに疑問があり、
外へモタれ気味に走る点、
最後まで右手前のまま走ってしまう悪癖を思えば、
忙しい小回りコースとこの大外枠も痛恨。
一息入れて成長を促された割に
この中間も調教では重苦しさが目立っており、
兄にブラヴィッシモがいる血統と条件替わりの魅力だけで
すっかり期待先行の過剰人気となっているここは、
迷わず無印として喧嘩を売るしかない。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

4は相変わらず歩様が硬いが、これはいつも同様。馬体は引き締まってきただけに、あとはジョッキーが乗ってもう少しピリッとしてくればさらに。
12は大幅馬体増だが成長分で太め感は全くなし。活気がある気配・歩様にも好感が持て、前走以上の出来。
2は前走より落ち着きと集中力があり、馬体維持にも好感。あとは距離と小回りをこなせば。
7はいつもより歩様の硬さが増しで、うるさいぐらいの気合乗りにも好感。あとは決め手不足をどう補うか。
8は休み明けながらギリギリの造りで非力さも相変わらず。小足を踏んで今までになく気が入っていることが、距離短縮でいい方に転がれば。
11はいつもほど非力さを感じさせず、気配・歩様もピリッとしてこれまでにない好状態。評価を上げたい。
人気の16はまだ緩さは残るが、好馬体が引き締まるとともに、気配・歩様もピリッとして出来自体は明らかに前走以上。あとは忙しい小回り短距離芝にどれだけ対応できるかに尽きる。
4・12・2・11の大駆けに期待。
△ページTOPへ
2017/4/16 中山11R 皐月賞 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2017/4/16 福島3R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル