最新提供予想サンプル


2021/2/27 阪神3R 予想配信メール
◎ 5 インテンスフレイム
○ 7 ジュノー
▲ 15 エアーズロック
△ 3 スズカロマンス
△ 2 イフティファール

消えた馬: 4,9,10,11,12,13,14,16

・買い目の目安
3連複5-7流し- 15 3 2(各20%)
5-15流し- 3 2(各15%)
2-3-5(10%)

前走から着用したブリンカーと
手の合う主戦・松山Jに乗り替わった効果で
一気に輝きを取り戻した◎5は
生ズルい気性面がネックとなっているに過ぎず、
今の未勝利レベルに混じると
完全に力量が図抜けた好素材。

頼りない新興勢力に注目を奪われ
すっかり人気の盲点となっているここは、
馬券の中心馬として改めて期待すべき存在と言える。

超低レベルだった2/6新馬戦組10・△2や
調教内容が全く物足りない初出走勢4あたりが
過剰人気を集めてくれているおかげで、
3連複の破壊力が一段と増すチャンスレース。

素質上位の伏兵○7・▲15・△3による一角崩しだけに焦点を絞り、
更なる回収率アップを目指したい。

◎5は、出遅れたり砂を被ると走るのをやめようとしたり
前向きさに欠ける怪しい気性を抱えながらも、
1勝クラスに匹敵する強豪相手に
デビュー当初から常にハイレベルな善戦を繰り広げてきた
お馴染みの素質馬。
最内枠から砂を被って全く競馬にならなかった前々走小倉戦は、
休み明けで馬体が緩み、パドック気配も冴えなかった参考外の大敗。
これまで一度も馬券圏内を外していない主戦・松山Jへと手綱が戻り
パドック気配から一変していた前走では
初ブリンカー着用効果もてき面。
押して好位に取り付くと、ハイペースにも苦しむことなく
終始ハミを取って集中していた姿が印象的。
外を回って早めに動く強気な立ち回りで
0.2秒差の惜敗を演じた“復活劇”は頼もしい限り。
相性のいいタフな阪神に舞台が戻り
引き続き松山Jも騎乗してくれる今回は、
相手関係にも恵まれたチャンスレース。
この組み合わせなら楽に先手を取れるスピードがあるだけに、
内目の枠とブリンカー効果を最大限に生かすべく
ハナを主張してくれるようなら、
これまでの鬱憤を晴らす圧勝劇まで現実味を帯びてくる。

○7は、社台ファーム育成馬らしい奥手なパワータイプで、
全くの仕上がり途上だった9月のデビュー戦以来、
レースを重ねながらコンディションが見る見るうちに上昇。
メンバーが最も濃い秋の芝1400~1600mで
「3着→4着→4着」と善戦を続けてきた前3走の実績は、
今日の低調なメンバーに混じると
1頭だけ図抜けたレベルに到達する。
パドック・返し馬から疲れが窺えた前走をもって一息入れ
2カ月半の休養を挟んで立て直されてきたこの中間は、
今週坂路で51.8-12.7秒一杯と自己ベストを大幅更新。
ガッチリ体型とパワフルなフットワークを存分に生かせる
ダート替わりも望むところだけに、
あとはパドックでの復調さえ確かめられれば
上記◎5ともども“2頭軸”として期待は高まるばかり。

▲15の前走は、4カ月の休養明けで
調教内容もパドック状態も全く冴えず、
出遅れて折り合いまで欠いてしまっては
12着大敗も至極当然の結果。
穴馬として紹介した前々走では
1勝クラスに匹敵する強豪を相手に
センス溢れる好内容で惜敗を演じていただけに、
一叩きで一変した調教内容が
パドックでの復調に直結さえしてくれれば、
ここら辺りのメンバー相手に
凡走など決して許されない存在。
フットワークの硬さを補えるダート替わりと
折り合いがスムーズになる距離短縮にも魅力は大きく、
すっかり人気ガタ落ちとなった今回は
穴馬として最も魅力的な存在。

△3の前走は、初戦を一叩きされたことで
馬が悪い意味で“覚醒”してしまい、
中途半端な外目2番手からタメのないまま
終始掛かり気味の追走。
直線では相も変わらず左にモタれて
ムチを一発しか入れられなかっただけに、
一気の距離延長も克服し
むしろ素質上位を再証明した4着と言える。
あれだけ気性が前向きになってくれば、
本来の体型・フットワークや血統からも
短距離戦がベストの舞台。
左回りで競馬にならなかった前2走から
右回り阪神へのコース替わりが嵌る可能性も高く、
牡馬に混じっていい感じに人気を落とした今回は
福永Jにとっても改めて名誉挽回へのチャンス到来となる。

△2の前走は、脚抜きのいい高速馬場にして
1.27.1という平凡な勝ち時計が示す通り、
年明けデビューを余儀なくされた弱小メンバーが
ズラリと揃っていた超低レベル戦。
絶好の仕上がりで展開にも恵まれた10とは対照的に、
のんびり気配・太目残りでまだ仕上がり途上だった点と
前残り決着で出遅れて流れに乗り切れなかった点に
まだ情状酌量の余地はあるものの、
一気に強化した上記メンバーを相手に
再び前走のようなモタつきを露呈してしまうようなら
今回はいよいよ入着すら覚束ない。
ズブくて追わせるタイプが内枠を引いてしまっただけに
レジェンド武豊Jも御すのに苦労することは目に見えており、
一叩きされて一変してきた調教内容が
パドックの良化度にどれだけ反映されてくるかが
まずは最大の注目ポイント。
とても1番人気に見合う代物ではないだけに、
今回は狙いを下げる方に断然妙味。
直前予想メール(パドック確認後に配信)

5はブリンカー効果で前走以上に集中力があり、パワフルな好馬体と力強い歩様も目立つ。ハナをも辞さない積極的な立ち回りに期待。
7は緩さが解消して好馬体が一段と良化し、集中力と素軽さも増して2走前に匹敵する好状態。
15は太かった好馬体が研ぎ澄まされ、気配・歩様もピリッとしてグンと良化。
3は牡馬相手でも全く見劣らない筋肉質な好馬体。気配・歩様も良く、距離短縮で前進必至。あとは右回りがいい方に転がれば。
2は前走よりマシになってきたが、気配・体つきともまだ良化はスロー。内枠と相手強化をどう克服するか。
人気の10は引き続き活気があるのは何よりだが、細かった馬体を更に減らし、阪神の良馬場ではパワー不足が明白。
5を中心に妙味を追求したい。
△ページTOPへ
2021/2/27 中山1R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2021/2/27 中山9R 水仙賞(ボーナスレース) 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2021/2/28 阪神4R 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2021/2/28 中山5R (ボーナスレース) 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
2021/2/28 中山9R デイジー賞 予想配信メール
※ 同レースの見解は、塾生専用ページのみでの公開となります。
△ページTOPへ
HOME > 最新予想サンプル